即日キャッシングも審査甘くない!知っておいて損はない審査あれこれ

最近のカードローンの傾向として、審査が早く即日キャッシングができるものが増えてきています。そこで気になるのは、審査甘くなったのかな、という疑問です。

仮に審査が甘くなっているなら、少し不安を感じます。もし審査が厳しいのに早くなっているのなら、その仕組みが気になるところです。

今回は、即日キャッシングできるカードローンの審査は甘いか甘くないかについて、審査基準や項目、関連する規定から探っていこうと思います。

審査は甘いのか、それとも厳しいのか、なぜ審査が早いのかを知って、これからカードローンを申し込む際の一つの参考にしていただければと思います。

カードローンの不思議、なぜ審査が行われるの?

カードローンを申し込むと、誰でも例外なく審査というものを受けます。簡単にいうと、この人にお金貸してもいいかな、という確認をするためのものです。

ところで、金融機関はなぜ審査をするのでしょうか。お金を借りますよ、利息付けて返済しますよ、といっている人は、金融機関にとってはお客様のはずです。

きちんと返済してもらえるかを確認するのが最大の理由

  • 返済できる余力のある人か
  • 忘れずに返済できる人か
  • 嘘をつかない人か

審査をする理由の一つは、この人にお金を貸して、きちんと返済してくれるか、返済できる能力のある人かということを確認することです。

お金を貸すことによる利息でもって利益を得る金融機関にとって、返済をしてもらえないとなると、利息はおろか貸したお金さえ返ってこないということになり、大損になります。

そういうリスクをできる限り回避するため、虚偽情報で申し込んだりせず、お金を返してくれる、信用できる人かどうかを見極めているわけです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
アナタは分かっている?キャッシング利用出来ない理由あれこれ

銀行と消費者金融では審査基準に若干の違いがある

金融機関には大きく分けて二つ、銀行と消費者金融があります。銀行は預貯金を取り扱えたりと業務内容などには違いがありますが、どちらもカードローンは取り扱っています。

銀行 消費者金融
即日キャッシング 可能なところは少ない 可能なところは多い
審査基準 厳しめ 緩め
金利 低め 高め

審査基準を比べると、銀行の方が厳しい傾向にあります。そのためなのか、審査にも時間がかかり即日キャッシングが可能なところは少ないようです。

最近は銀行でもスピード審査に力を入れており、即日キャッシングが可能なところも増えてきました。もちろん、審査で問題がないことが条件です。

なぜ同じ金融機関なのに違うかというと、顧客獲得に対する考え方が違います。銀行の場合、顧客の預貯金によって貸し付けに使える資金が多いのに対し、消費者金融は、利息が収入の全てなので、借りてもらわなければ資金を得ることはできません。

そのため、できる限り顧客を集めてお金を貸し、利息による収入を得て、その一部をまた貸し付けに回し、利息を得る、ということをしているのです。

ただし、消費者金融は審査が緩めで借りやすい反面、金利を高く設定することにより、顧客の支払遅延や未払いのリスク回避を図っています。

利息は高いけど即日キャッシングを希望する人は消費者金融、返済額をできる限り少なくしたいという人は銀行、というように目的や自分の収入、ライフスタイルなどによって金融機関を選ぶといいと思います。

即日キャッシングって実際は審査甘いの?甘くないの?

銀行より消費者金融の方が審査が緩く、即日キャッシングできる可能性は高いのですが、審査は銀行よりも緩いだけで甘いというわけではなく、審査はしっかりと行っています。

審査ではここを見る!審査項目を見てみよう

審査項目や基準については、どの金融機関も公表していませんし、問い合わせても教えてくれないようです。ただし、ここは見ているというところは分かっているので、確認してみましょう。

  • 住所などの個人情報
  • 勤務先や雇用形態などの職業
  • 年収
  • 家族構成
  • 健康状態
  • 他社借り入れの有無
  • 金融事故の有無

申し込みの際には氏名や住所など、個人情報を記入しますが、当然のことながら、記入ミスなどがあると審査に引っかかってしまい、利用が遅れる場合があります。虚偽記載はもってのほかです。

仕事状況も調べられます。正社員の方がパートやアルバイトよりも安定して収入を得られると見られて、審査に通りやすい傾向にあります。

年収は、そのまま返済できるほどの収入があるかというのを見ていて、家族構成は、返済に回せる自由なお金が確保できるかを見ています。

既婚未婚、子供のいるいないなどで自由にできるお金は違ってきます。返済するためのお金が確保できるかどうかを、この家族構成で判断しているようです。

健康について調べるのに違和感がある人もいるかも知れません。これは、持病の悪化などで返済ができなくなる可能性があるかどうかを見ています。

多くの金融機関では、カードローンを利用できる上限を70歳としているのはこのためです。高齢になるほど健康不安があります。また収入の問題で返済の遅れなどが生じる可能性があるからです。

他社からの借り入れは特に消費者金融が重要視しているところです。消費者金融は貸金業法によって、個人に年収等収入の3分の1を超える貸し付けをしてはいけなことになっています。

これは複数の金融機関での借り入れ金の合計となるので、現在他社から合計いくら借り入れているのかを確認する必要があるのです。

なお、これは銀行で借りる場合には当てはまりません。もし年収の3分の1以上の借り入れを希望する場合は、即日キャッシングの可能性は低くなりますが、銀行のカードローンを申し込んだ方がいいと思います。

金融事故とは、支払義務のあるのに支払わなかったりする、事故は阿讃をするなどの、何かしらの金融トラブルをいいます。こういうことがあると、金融機関としても信用ができないということで、減額もしくは契約拒否されることもあります。

【参考記事】
キャッシングの在籍確認って何の為?電話なしでも可能か知りたい!

審査項目で覚えて欲しい信用情報機関のこと

他社借り入れ、金融事故の有無についてもう少し詳しく説明していきましょう。金融事故の情報をどこで手に入れるのか気になりますよね。一つ一つ確認には手間も時間もかかります。

信用情報機関で個人情報を一括管理している

信用情報機関とは、預貯金やクレジットカード、ローンなど、お金にまつわる申し込みをした人の個人情報が登録される団体のことです。

信用情報機関には大きく分けて3団体あり、各金融機関はそのどれか、あるいは複数に加盟して、申し込みした人の個人情報を照会しています。

銀行系 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
信販系 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
消費者金融系 株式会社日本信用情報機構(JICC)

それぞれには横の繋がりがあり、銀行でカードローンを申し込んでいた人が消費者金融で申し込んでも、情報は伝わるので、金融機関としても貸しすぎを防止できます。

他社借り入れの有無や金融事故の有無、その他情報は、この信用情報機関に登録されているので、例え他社から借り入れをしていたり虚偽の情報を提出しても、すぐに分かってしまいます。

ブラックリストに載るとローンが組めないなどという話を聞いたことがあるでしょうか。そのようなリスト自体は存在しません。ブラックリストとは、この信用情報機関に登録された金融事故情報のことです。

支払義務を怠ったり自己破産してしまうと、5年から7年は解除できません。その期間はローンなどを申し込むことはできませんので、くれぐれもトラブルを起こさないようにしてください。

審査はけっして甘くない!堅実な生活がものをいう

カードローンの申し込みをして、即日キャッシングすることは可能ではありますが、あくまで審査に通ればであり、即日キャッシングのために審査が甘くなるということは決してありません。

お金のトラブルを起こさないことが肝心

  • 虚偽の情報を提出しない
  • 支払義務のあるものは期日までに支払う
  • 返済ができる範囲で利用する
  • 自己破産をしないようにする
記入ミスをすると、金融事故を起こしていなくても審査に時間がかかってしまい、即日キャッシングは望めません。単純で当たり前のことですが、ミスや虚偽情報の記入はしないでください。

お金に関するトラブルを起こすと、ローンが申し込めないどころか、周りからの信用も失ってしまいます。金銭トラブルは起こさないように気を付けてください。

何より金融機関から信用されることが重要

仕事でも人間関係でも、信頼しあえなければ良好な関係は築けません。金融取引も同じです。何よりも金融機関に信頼されることが重要になってきます。

審査項目は紹介したものだけではないでしょうし、金融トラブル以外にも、信用情報機関に登録されている項目があるかもしれません。

これからローンを申し込む人も、申し込まないという人でも、金融機関から信頼されるために、日頃からお金の管理などには注意しておきましょう。
【こちらの記事も参考にどうぞ!】
おすすめのキャッシング会社!即日キャッシングのポイントとは