自営業の即日キャッシング!一般の借り入れと違っているところは?

自営業でも、今では即日キャッシングを利用することが可能です。

ですが、自営業でもOKという業者でなければ、キャッシング審査に落ちてしまいます。

他にも、借り入れする場合の条件も細かく定められているので、今回は、そのような自営業の借り入れ方法に重点を置く形で、詳細の案内をさせていただきます。

一般的なローンとの比較も行っているので、記事を読まれると、一般的なローン、自営業者用ローンの両方に詳しくなれるでしょう。

自営業のキャッシング!即日キャッシングも利用できる?

自営業はキャッシング審査を受けられるのか?、そして、即日キャッシングを利用できるのか?についてですが、どちらも利用可能となっています。

というのも、自営業者用のキャッシングが存在するからです。こちらであれば、職業が自営業であっても、即日キャッシングを利用できるようになっています。

自営業者用のキャッシング審査ですが、それほど複雑な審査基準を設けていないので、自営業者として収入を得ている人であれば、問題なくキャッシング審査を受けられるようになっています。

  • 安定継続した収入を得ている
  • 経営年数が2年以上

審査基準についても、上記のようにシンプルな内容となっているので、経営年数に問題が無い人で、収入、借金状況に問題が無い人であれば、キャッシング審査が厳しくなる可能性も小さいです。

また、経営年数が2年以上というのは、2年以上でなければ審査の申し込みが難しいというわけではありません。

なので、経営年数が1年11ヶ月というふうに、ほぼ2年に等しい状況であれば、キャッシング審査を行ってくれる金融機関が多く存在します。

審査は厳しい!なぜ自営業のキャッシング審査は厳しいのか?

自営業者用のキャッシング審査についてですが、即日キャッシングであっても審査が厳しいです。

というのも、以下のような金融の利用履歴を確認することが難しいからです。

  • 契約の履歴
  • 返済の履歴

今までに何度も自営業者用のキャッシングを利用し、且つ借金を完済している人であれば、上記のような問題は発生しません。

ですが、今までに一度も自営業者用のキャッシングを利用していない人では、契約、返済の履歴を確認できませんので、審査時間が長くなってしまうこともあります。

そのため、即日キャッシングを申し込まれても、経営状況、返済状況によっては、キャッシング審査に落ちてしまうケース、審査が長くなってしまうケースが多いのです。

必要な書類!書類の提出が行われていないと審査が進まない?

自営業者用のキャッシング審査に申し込む場合、一般的なローンと比較して、多くの書類提出を求められることが多いです。

具体的には、返済計画書、収入、支出を証明できる書類を求められます。これらの書類を提出し、さらに具体的な融資の希望を、ローン申込書に記入しなければなりません。

一般的なカードローン、キャッシングであれば、本人確認書類(運転免許証など)を提出するだけで、ローン審査を受けられる仕組みになっています。

自営業の場合、「これから先の収入が安定するか不明」のため、このような書類を求められるのです。

また、必要な書類は銀行、消費者金融といった、金融機関で必要となる書類が違いますので、申し込み前に必要となる書類を聞いておくと、スムーズにキャッシング審査の申し込みを完了できます。

相談も大事?キャッシングの審査に関する信用を上げる方法

自営業者としてキャッシング審査を申し込む場合、可能であれば相談も行っておいたほうが良いでしょう。

このような対応を取っておくだけで、キャッシング審査にかかる時間が短縮できることもあります。

銀行、消費者金融ともに事前の相談に対しても評価を行っていますので、いきなり融資を希望するよりも、先に相談を行っておき、その後に、キャッシング審査の申し込みを行ったほうが、スムーズにキャッシング審査を受けられるようになるのです。

それだけでなく、事前に相談を行っているだけで、信用が上がるという利点も存在します。

信用とは

金融の利用で発生する信用(評価)のことです。

信用が高い人ほど、審査時間が短くなり、融資においても好条件で借りられることが多くなります。

信用は以下のような対応でも上げることが可能なので、余裕がある際は以下の対応も行っておき、信用を高めてからキャッシング審査を申し込むようにしましょう。

  • 仮審査
  • 他のローン契約を組む

仮審査とは、簡易的な審査項目のみチェックする形で、キャッシング審査を終えられるサービスです。時間にして10分程度で審査を終えられるのですが、具体的にどの程度の借入希望額であれば、審査に通りそうなのかを前もって知ることが可能となります。

事前に、安全な借入希望額を申込者で把握できるため、その後にキャッシング審査(契約前提の審査)を申し込むと、信用が上がっている状況で審査を受けられます。

また、自営業者用のローン以外でローン契約を組むのも良いです。実際に信用できる人物であるか、契約後の返済で確認できるため少しずつ信用が上がっていきます。

このような方法で信用を上げてから、本命となる自営業者用のローンで審査を受けてみると、通常よりも審査時間が早くなるだけでなく、好条件でローン契約を組めることがあるのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
即日キャッシングも審査甘くない!知っておいて損はない審査あれこれ

一般的なローンと比較!自営業のキャッシングは金利が安くない?

意外と知られていませんが、一般的なローンと比較して、自営業者用のキャッシングは金利が高いです。

というのも、自営業者用のキャッシングは融資限度額が小さいからです。

  • 一般的なローン:2.0%~15.0%
  • 自営業者用のローン:7.0%~18.0%

一般的なローンであれば、100万円以上1000万円以内で融資を受けられるのですが、自営業者用のローンは、100万円以上300万円以内というケースが多いです。

大きな融資に対応しているローンではありませんので、金利、融資限度額が優れているローンではありません。

その代わり、自営業者用のローンには以下のような利点が存在します。

  • 組み直しが可能
  • 借入期間が長い
組み直しとは

契約後に、契約内容を見直して再契約することを、組み直しと言います。

他のローン契約では組み直しが難しいのですが、自営業者用のローンであれば、好きなタイミングで組み直しできるものが多いです。

それと、一般的なローンは5年以内の契約になりやすいのですが、自営業者用のローンは10年以内で契約を組めることが多いです。返済に関して余裕があるので、長く安全に使えるローンを探しているという人は、自営業者用のローンと相性が良いでしょう。

大きな融資を希望している!そんな時はフリーローンを選択する

もし、自営業として大きな融資を希望しているという場合は、フリーローンを選択すると良いでしょう。

フリーローンは、1000万円以上1億円以内で融資を受けられるローンです。

他のローンと比較して金利も安いため、自営業者が良く利用しているローンとしても有名ですが、以下のようなデメリットも存在するので注意してください。

  • 即日キャッシングに対応していない
  • 審査時間がかなり長い
  • 担保・保証人を求められることが多い

フリーローンの審査時間ですが、1日では完了しないケースが多いです。そのため、2日~5日程度かかることもあることを理解し、フリーローンに申し込むか検討したほうが良いでしょう。

それと、融資限度額が1億円以内というケースが多いため、かなり慎重に審査が進む仕様になっています。なので、書類提出のみでは審査が始まらず、担保・保証人を求められることも多いです。

借り入れが難しくなるケース!記入漏れが目立つと評価が下がる

自営業者用のキャッシング審査に申し込む際ですが、記入漏れが無かったかもチェックしたほうが良いです。

記入漏れとは、以下のような記入項目でミスが無かったかを確認するという意味です。

  • 記入項目が空欄のまま
  • 記入項目に過去の情報を記入してしまう

記入項目が空欄のままでは、記入を後になって求められることがあります。すると、その時点でキャッシング審査が止まってしまうので、空欄のままというのは良くありません。

例えば、借金件数の記入項目が空欄のままでは、借金をしているか、していない状況であるか不明・・・という扱いになってしまいます。借金件数が0なのであれば、しっかりと0件という記入を済ませておいたほうが良いでしょう。

それと、記入項目に過去の情報を記入してしまった場合、即日キャッシングなどでは、審査落ちになってしまうケースが多いです。

今では、個人信用情報機関を通じて申込者の情報を正確にチェックしているので、このような対応ではキャッシング審査が進まなくなる、もしくは審査落ちになってしまうことを理解しておきましょう。

個人信用情報機関とは

国内では、CIC、JICCといった機関が、個人信用情報機関として有名です。

個人信用情報機関に加盟している金融機関は多いため、今では、ほとんどの金融機関で申込者の情報をチェックしてから、審査が進むようになっていると思ったほうが良いです。

このような審査を行っているため、借金がまったく無いように虚偽の申告を行ったとしても、すぐに虚偽の申告を行っている事実を暴かれ、キャッシング審査上で悪い評価が付くようになります。

嘘をついても審査に通りやすくなるわけではないので、このようなことにも注意して、即日キャッシングの申し込みを完了するようにしましょう。

信用情報も重要!即日キャッシングでも信用情報のチェックが入る

個人信用情報機関に加盟している金融機関は、信用情報を照会する形で審査を進めています。

信用情報とは、個人信用情報として登録されている情報のことです。

個人信用情報の照会を行うと、申込者に関する以下の情報を正確に知ることができます。

  • 申込者の収入、勤続年数など
  • 借入状況
  • 返済状況
  • 金融トラブル

このような仕組みになっているので、申込者の情報に誤りがあると、素早く電話、メールなどで指摘されることが多いのです。

収入についても注意しなければならず、収入の記入が大きく誤っている場合は審査に落ちてしまいます。10万円程度の記入ミスであれば問題ありませんが、50万円以上の記入ミスが目立つようであれば、キャッシング審査に通りづらくなってしまうでしょう。

勤続年数についても同じで、11ヶ月の勤続年数という場合は、正しく11ヶ月と記入したほうが良いです。勤続年数を1年、もしくは2年というふうに記入されても、記入ミスと判断されることが多いでしょう。

借入状況、返済状況、金融トラブルも、過去から現在にかけてチェックされますので、正確な情報を記入して、キャッシング審査を完了したほうが、金融機関に迷惑をかけずに審査を終えられます。

このような記入ミスがいつまで経っても直らないという場合も、申し込みに問題のある人物という扱いで、キャッシング審査時の評価が下がってしまいます。なので、自営業として審査を申し込む際も、このようなミスに注意して申し込んでください。
【こちらの記事も参考にどうぞ!】
無審査で契約は不可能!?安全ではない審査なしの即日キャッシング
自営業でも、今では即日キャッシングを利用することが可能です。

ですが、自営業でもOKという業者でなければ、キャッシング審査に落ちてしまいます。

他にも、借り入れする場合の条件も細かく定められているので、今回は、そのような自営業の借り入れ方法に重点を置く形で、詳細の案内をさせていただきます。

一般的なローンとの比較も行っているので、記事を読まれると、一般的なローン、自営業者用ローンの両方に詳しくなれるでしょう。

自営業のキャッシング!即日キャッシングも利用できる?

自営業はキャッシング審査を受けられるのか?、そして、即日キャッシングを利用できるのか?についてですが、どちらも利用可能となっています。

というのも、自営業者用のキャッシングが存在するからです。こちらであれば、職業が自営業であっても、即日キャッシングを利用できるようになっています。

自営業者用のキャッシング審査ですが、それほど複雑な審査基準を設けていないので、自営業者として収入を得ている人であれば、問題なくキャッシング審査を受けられるようになっています。

  • 安定継続した収入を得ている
  • 経営年数が2年以上

審査基準についても、上記のようにシンプルな内容となっているので、経営年数に問題が無い人で、収入、借金状況に問題が無い人であれば、キャッシング審査が厳しくなる可能性も小さいです。

また、経営年数が2年以上というのは、2年以上でなければ審査の申し込みが難しいというわけではありません。

なので、経営年数が1年11ヶ月というふうに、ほぼ2年に等しい状況であれば、キャッシング審査を行ってくれる金融機関が多く存在します。

審査は厳しい!なぜ自営業のキャッシング審査は厳しいのか?

自営業者用のキャッシング審査についてですが、即日キャッシングであっても審査が厳しいです。

というのも、以下のような金融の利用履歴を確認することが難しいからです。

  • 契約の履歴
  • 返済の履歴

今までに何度も自営業者用のキャッシングを利用し、且つ借金を完済している人であれば、上記のような問題は発生しません。

ですが、今までに一度も自営業者用のキャッシングを利用していない人では、契約、返済の履歴を確認できませんので、審査時間が長くなってしまうこともあります。

そのため、即日キャッシングを申し込まれても、経営状況、返済状況によっては、キャッシング審査に落ちてしまうケース、審査が長くなってしまうケースが多いのです。

必要な書類!書類の提出が行われていないと審査が進まない?

自営業者用のキャッシング審査に申し込む場合、一般的なローンと比較して、多くの書類提出を求められることが多いです。

具体的には、返済計画書、収入、支出を証明できる書類を求められます。これらの書類を提出し、さらに具体的な融資の希望を、ローン申込書に記入しなければなりません。

一般的なカードローン、キャッシングであれば、本人確認書類(運転免許証など)を提出するだけで、ローン審査を受けられる仕組みになっています。

自営業の場合、「これから先の収入が安定するか不明」のため、このような書類を求められるのです。

また、必要な書類は銀行、消費者金融といった、金融機関で必要となる書類が違いますので、申し込み前に必要となる書類を聞いておくと、スムーズにキャッシング審査の申し込みを完了できます。

相談も大事?キャッシングの審査に関する信用を上げる方法

自営業者としてキャッシング審査を申し込む場合、可能であれば相談も行っておいたほうが良いでしょう。

このような対応を取っておくだけで、キャッシング審査にかかる時間が短縮できることもあります。

銀行、消費者金融ともに事前の相談に対しても評価を行っていますので、いきなり融資を希望するよりも、先に相談を行っておき、その後に、キャッシング審査の申し込みを行ったほうが、スムーズにキャッシング審査を受けられるようになるのです。

それだけでなく、事前に相談を行っているだけで、信用が上がるという利点も存在します。

信用とは

金融の利用で発生する信用(評価)のことです。

信用が高い人ほど、審査時間が短くなり、融資においても好条件で借りられることが多くなります。

信用は以下のような対応でも上げることが可能なので、余裕がある際は以下の対応も行っておき、信用を高めてからキャッシング審査を申し込むようにしましょう。

  • 仮審査
  • 他のローン契約を組む

仮審査とは、簡易的な審査項目のみチェックする形で、キャッシング審査を終えられるサービスです。時間にして10分程度で審査を終えられるのですが、具体的にどの程度の借入希望額であれば、審査に通りそうなのかを前もって知ることが可能となります。

事前に、安全な借入希望額を申込者で把握できるため、その後にキャッシング審査(契約前提の審査)を申し込むと、信用が上がっている状況で審査を受けられます。

また、自営業者用のローン以外でローン契約を組むのも良いです。実際に信用できる人物であるか、契約後の返済で確認できるため少しずつ信用が上がっていきます。

このような方法で信用を上げてから、本命となる自営業者用のローンで審査を受けてみると、通常よりも審査時間が早くなるだけでなく、好条件でローン契約を組めることがあるのです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
即日キャッシングも審査甘くない!知っておいて損はない審査あれこれ

一般的なローンと比較!自営業のキャッシングは金利が安くない?

意外と知られていませんが、一般的なローンと比較して、自営業者用のキャッシングは金利が高いです。

というのも、自営業者用のキャッシングは融資限度額が小さいからです。

  • 一般的なローン:2.0%~15.0%
  • 自営業者用のローン:7.0%~18.0%

一般的なローンであれば、100万円以上1000万円以内で融資を受けられるのですが、自営業者用のローンは、100万円以上300万円以内というケースが多いです。

大きな融資に対応しているローンではありませんので、金利、融資限度額が優れているローンではありません。

その代わり、自営業者用のローンには以下のような利点が存在します。

  • 組み直しが可能
  • 借入期間が長い
組み直しとは

契約後に、契約内容を見直して再契約することを、組み直しと言います。

他のローン契約では組み直しが難しいのですが、自営業者用のローンであれば、好きなタイミングで組み直しできるものが多いです。

それと、一般的なローンは5年以内の契約になりやすいのですが、自営業者用のローンは10年以内で契約を組めることが多いです。返済に関して余裕があるので、長く安全に使えるローンを探しているという人は、自営業者用のローンと相性が良いでしょう。

大きな融資を希望している!そんな時はフリーローンを選択する

もし、自営業として大きな融資を希望しているという場合は、フリーローンを選択すると良いでしょう。

フリーローンは、1000万円以上1億円以内で融資を受けられるローンです。

他のローンと比較して金利も安いため、自営業者が良く利用しているローンとしても有名ですが、以下のようなデメリットも存在するので注意してください。

  • 即日キャッシングに対応していない
  • 審査時間がかなり長い
  • 担保・保証人を求められることが多い

フリーローンの審査時間ですが、1日では完了しないケースが多いです。そのため、2日~5日程度かかることもあることを理解し、フリーローンに申し込むか検討したほうが良いでしょう。

それと、融資限度額が1億円以内というケースが多いため、かなり慎重に審査が進む仕様になっています。なので、書類提出のみでは審査が始まらず、担保・保証人を求められることも多いです。

借り入れが難しくなるケース!記入漏れが目立つと評価が下がる

自営業者用のキャッシング審査に申し込む際ですが、記入漏れが無かったかもチェックしたほうが良いです。

記入漏れとは、以下のような記入項目でミスが無かったかを確認するという意味です。

  • 記入項目が空欄のまま
  • 記入項目に過去の情報を記入してしまう

記入項目が空欄のままでは、記入を後になって求められることがあります。すると、その時点でキャッシング審査が止まってしまうので、空欄のままというのは良くありません。

例えば、借金件数の記入項目が空欄のままでは、借金をしているか、していない状況であるか不明・・・という扱いになってしまいます。借金件数が0なのであれば、しっかりと0件という記入を済ませておいたほうが良いでしょう。

それと、記入項目に過去の情報を記入してしまった場合、即日キャッシングなどでは、審査落ちになってしまうケースが多いです。

今では、個人信用情報機関を通じて申込者の情報を正確にチェックしているので、このような対応ではキャッシング審査が進まなくなる、もしくは審査落ちになってしまうことを理解しておきましょう。

個人信用情報機関とは

国内では、CIC、JICCといった機関が、個人信用情報機関として有名です。

個人信用情報機関に加盟している金融機関は多いため、今では、ほとんどの金融機関で申込者の情報をチェックしてから、審査が進むようになっていると思ったほうが良いです。

このような審査を行っているため、借金がまったく無いように虚偽の申告を行ったとしても、すぐに虚偽の申告を行っている事実を暴かれ、キャッシング審査上で悪い評価が付くようになります。

嘘をついても審査に通りやすくなるわけではないので、このようなことにも注意して、即日キャッシングの申し込みを完了するようにしましょう。

信用情報も重要!即日キャッシングでも信用情報のチェックが入る

個人信用情報機関に加盟している金融機関は、信用情報を照会する形で審査を進めています。

信用情報とは、個人信用情報として登録されている情報のことです。

個人信用情報の照会を行うと、申込者に関する以下の情報を正確に知ることができます。

  • 申込者の収入、勤続年数など
  • 借入状況
  • 返済状況
  • 金融トラブル

このような仕組みになっているので、申込者の情報に誤りがあると、素早く電話、メールなどで指摘されることが多いのです。

収入についても注意しなければならず、収入の記入が大きく誤っている場合は審査に落ちてしまいます。10万円程度の記入ミスであれば問題ありませんが、50万円以上の記入ミスが目立つようであれば、キャッシング審査に通りづらくなってしまうでしょう。

勤続年数についても同じで、11ヶ月の勤続年数という場合は、正しく11ヶ月と記入したほうが良いです。勤続年数を1年、もしくは2年というふうに記入されても、記入ミスと判断されることが多いでしょう。

借入状況、返済状況、金融トラブルも、過去から現在にかけてチェックされますので、正確な情報を記入して、キャッシング審査を完了したほうが、金融機関に迷惑をかけずに審査を終えられます。

このような記入ミスがいつまで経っても直らないという場合も、申し込みに問題のある人物という扱いで、キャッシング審査時の評価が下がってしまいます。なので、自営業として審査を申し込む際も、このようなミスに注意して申し込んでください。
【こちらの記事も参考にどうぞ!】
無審査で契約は不可能!?安全ではない審査なしの即日キャッシング