総量規制は何に適用されるの?即日キャッシングにも影響がでる?

急にお金が必要に!でも休日や夜遅くだと近所お金を引き落とせるところがない…。実はこんなときにはカードローンの即日融資が便利です。会社によっては初めての利用は無利子期間をもうけているところもあります。

しかし、どうしても借りたいときに限って、なぜか審査に落ちることがあります。あなたは自分の年収がいくらか把握していますか?もし審査に落ちたら、借りようとしている金額があなたの年収に見合ってないのかもしれません。

貸金業には年収の1/3以上は貸してはいけないという総量規制が適用されます。どうしても必要なのに借りられない!ということがないように、年収と総量規制の関係をみていきましょう。

そもそも総量規制って何?詳しく知りたい!

総量規制は、賃貸業社による個人への貸付金額の上限を借り手の年収の1/3までに限定する規制のことです。借入額の上限を設けることで、過剰な借入れによって借り手の生活が破綻しないように守ることを目的として2010年から適用になりました。

例えば、年収が300万円の人の借入れ可能な額は年収の1/3ですから、100万円までということになります。

総量規制は借りた回数に関係なく、現在借りているお金の総額に適用されます。

ですから、初めての借入れで、借金が0円であれば100万円まで借りることができます。しかし、別の借金の返済金額が50万円残っていれば借りられる額は50万円ということになります。

もちろん即日融資でも年収の1/3を超える金額は借りることはできないのです。

年収の1/3を超えたら絶対に借りられないの?

しかし、総量規制には例外もあります。例外になるのは以下のものがあります。

  • 借換え(おまとめ)ローン
  • 緊急医療費貸付け
  • 特定緊急貸付け
  • 個人事業者への貸付け
  • 配偶者との年収合計が1/3を超えない貸付け

1/3を超えても借り手の利益になるもの、緊急を要するものは例外とされているのです。
総量規制からは除外になるものもあります。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費
  • 株や債券など有価証券の売買で得た利益
  • 不動産担保貸付け(居宅は除外)

これらがあっても例外的に1/3以上借りることは可能です。ただ、それぞれに規定がもうけられていますし、金融業者の審査でも結果は違ってきます。

必ず1/3以上借入れできるという保証もありません。

銀行は総量規制外!なぜ銀行は1/3以上が許されるの?

何度かカードローンやキャッシングをしたことがある人にはよく知られたことですが、銀行に総量規制は適用されません。

銀行は消費者金融やクレジットカードのような貸金業法ではなく、銀行法が適用されます。

ですから、銀行のカードローンであれば、年収の1/3以上の借入れができる可能性はあります。しかし、銀行のカードローンにも必ず審査があります。銀行独自の判断で収入と借入れ希望額が見合っていない、と判断されれば融資を断られることもあります。

銀行のカードローンは消費者金融や信販会社が審査や保証業務をしているところも多く、ここでの借入れがある人は思うような金額が借りられないこともあります。銀行で借りる場合はそのへんもチェックしてみましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
どこで借りる?銀行系でも即日キャッシングに強い!

年収の1/3を超えなくても借りられないことがある

1/3に達していないのに融資を断られる人もいます。金融業者は信用情報機関と連携しており、顧客の借入れ情報を信用情報機関に提供し、審査をするときには顧客の信用情報の提供をうけています。

信用情報にはローンの借入れ状況やカードの利用歴、返済状況が記録されています。

返済が滞っていれば、それもしっかりと記録されています。あまりに悪質なもの、たとえば、延滞が何ヶ月にも及んだり、未返済金額が多かったりした場合はブラックのレッテルを貼られることになり借入れは難しくなります。

さらに、過去5~10年以内に任意整理や自己破産をしていれば、まず借りることはできません。クレジットカードなども作ることはほぼ不可能です。

即日融資で総量規制に引っかからないために。ここに注意しよう

まずは自分の年収がいくらなのか、しっかりと把握しましょう。審査の申し込みには年収を書き込む欄がありますので、曖昧な情報を会社に提出しないためにもここは必須です。

また、クレジットカードを日常的に利用しているのであれば、念のために使用履歴も確認してみてもいいかもしれません。過去の支払いの延滞の記録が残っていれば、総量規制内でも借入れ額が低くなったり、借りられない可能性も出てきます。

また初めての融資のときは、たとえ総量規制内の金額の借入れであっても借入れ上限は低く抑えられがちです。

信用情報の借入れ履歴が白紙なので会社も最初はどうしても慎重になるのです。スムーズに借入れができるよう、事前の準備はしっかりしておきましょう。
【こちらの記事も参考にどうぞ!】
アナタは分かっている?キャッシング利用出来ない理由あれこれ