モビットで即日キャッシングは可能?申込方法を上手に選ぼう!

モビットは比較的審査が甘いと言われ人気が有りますが、店舗を持たないため申込みは窓口で行うことはできません。

しかしその他多くの申込方法がサポートされているので、即日キャッシングを利用するにはこの中から可能な方法を選ぶ必要が有ります。

モビットにはWeb完結と言う申込方法があり30分程度で手続きが完了し、銀行振込により即日利用が可能になります。ただしこの申込方法を利用するためには様々な条件があるため、利用には注意が必要になります。

また自動契約機を利用すれば、その場でカードの受け取りも可能で、ATMを利用しての即日キャッシングも可能で便利です。

こういった申込方法で即日キャッシングを行うためには、申込み時間も重要になるのでその点の考慮も必要です。

モビットの申込み方法を理解する!申込みから融資の利用まで

モビットの申込方法にはWeb完結とカード申込と言う2つの方法があります。Web完結と言うのは申込みから利用までをすべてWebで行うという意味で文字通りWeb完結といえるものです。

Web完結の場合申込みも契約もWeb上から行うことができ、一般的に審査で行われている在籍確認の電話もありません。契約後の融資の利用もWeb上から振込依頼を行って銀行振込でキャッシングが行われ、カードの発行は有りません。

これに対してカード申込は他の消費者金融と同じように様々な申込方法が用意されており、自分の利用しやすい方法を選んで申込むことができます。ただし、即日キャッシングを利用するためには申込方法には注意が必要です。

Web完結とカード申込の2つの申込方法が有る

まずモビットの申込方法を理解しておきましょう。モビットの申込方法は大きく次の2つに分かれます。

  • Web完結
  • カード申込

この2つは他のカードローンの申込み方法の分類とは少し違っていて理解しにくいかもしれませんが、これはモビットの利用方法による分類と考えたほうが分り易いかもしれません。

Web完結と言うのは申込みだけがWeb上と言う意味ではなくて利用も含めてすべてをWeb上で行うという意味でWeb上で完結するということです。

つまり通常行われるような電話での在籍確認が無ければ、カードを使ってのATMの利用も想定されず、利用はWeb上からの依頼による銀行振込に限定され、カードの発行も有りません。

これに対してカード申込は文字どおりカードを利用してATMから融資の利用ができる通常のカードローンで、この中に他のカードローンと同じようなWebからの申込みを含めた様々な申込みが用意されています。

このカード申込には次のような申込方法が用意されています。

  • ローン申込機
  • 電話
  • 郵便
  • Web経由(パソコン、スマホ、携帯)

申込みをする場合にはこの中から自分の好みで方法を選ぶことができます。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ネット完結!郵送なし!在確なし!?バレないキャッシングはある?

申込みから融資までの流れ

そこで次に申込みからキャッシングの利用までの流れを確認しておきましょう。ここではWeb経由で申込む場合を想定して説明していきます。申込みから利用までの流れは次のようになります。

申込情報入力・送信

 ↓

メールあるいは電話で審査結果連絡

 ↓

入会手続き

 ↓

カード受取り

 ↓

必要書類送付

Web完結の場合には審査結果の受取りはメールのみで、入会手続きの終了で利用可能になります。

カードの受取りは郵送あるいはローン申込機で受け取る方法のどちらかを選択することができます。

Web完結の注意事項

Web完結で申込む場合、申込みは大変簡潔で、簡単に利用開始ができますが、申込みするためには、次の条件を満たしている必要が有ります。

  • 三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている
  • 社会保険証あるいは組合保険証を持っている

つまり会社員などは申込めますが国民健康保険に加入しているような自営業では申込みができないということになります。

また利用は銀行振込だけとなりますから、土日の対応などができないという欠点も有るため、申込み易いとか在籍確認が無いという理由だけでWeb完結を選ぶには問題が有ります。

Web完結という申込方法
Web完結と言う言葉はモビットが最初に利用し始めましたが、最近では他のカードローンでも利用している場合が有ります。

モビットのWeb完結は在籍確認が無いという点で注目を浴び、今でも人気が有りますが、他社の場合はモビットほど徹底しているわけではなくWeb完結とは言っても契約までをWebで行い以降はATMの利用もできる場合が有ります。

したがってモビットの場合には申込方法と言うよりも利用形態としてのWeb完結ということになりますが、他社のWeb完結は申込み方法の1つの形態として捉えたほうが良いでしょう。

Webを利用して申込むというのは現在最も人気のある方法ですが、皆がそれに倣う必要はありません。申込みは確実に行う必要が有ります。したがって操作に慣れていないような人は自分が確実にできる方法を選ぶべきでしょう。

モビットで即日キャッシングを利用する!ネットを使う場合

まず最近最も利用されているインターネット上から申込みを行う場合に即日キャッシングを利用する方法を考えてみることにしましょう。

最も早いと思われるのはWeb完結を利用して申込みから契約までを行い銀行振込を依頼して、自分の口座に直接振り込んでもらう方法です。これなら家や出先にいたとしても、店舗に出向くことなく融資を受けられます。

カード申込でインターネット経由で申込む場合には、カードを受け取る必要が有りますから、審査までをインターネット上で行い、契約をローン申込機で行ってその場でカードを受け取ることによってATMから融資を引き出すことができます。

どういった方法で申込むにしても契約には必要書類があるため、予め確認して、用意しておくようにしましょう。

Web完結で銀行振込

モビットで即日キャッシングを優先して申込むのであれば、最も簡単なのがWeb完結を利用する方法です。

Web完結であれば最短30分で入会手続きが終わるため、すぐに振込依頼をすればキャッシングが可能です。

ただしこの場合最短と言う言葉に気を付けなければりません。他のカードローンでも同じですが、即日キャッシングが可能かどうかの重要なポイントになるのが審査時間です。最短30分ということはもっと時間がかかる可能性も有るということです。

Web完結だからと言って審査は普通の申込みと何ら変わらないので、審査中に問題が有れば審査結果の連絡が翌営業日以降に持ち越される可能性も有るのです。そういった点については予め了解が必要です。

銀行振込の利用に注意
銀行振込は家に居ながらにしてキャッシングができるという点で大変便利ですが、残念ながら時間の制限が有るため利用時間に注意しなければなりません。

ATMは24時間利用できるため、モビットの場合カード申込で申込んだ場合にはいざとなればATMに行けば何とかなりますが、Web完結で申込んだ場合には、カードの発行が有りませんから、借りたくても借りられないことも出てきます。

したがって申込みに当たっては、目先の必要にとらわれてとにかく簡単に申込みができるWeb完結を利用しようと考えるのではなく、将来の使い勝手も十分考慮したうえで、申込方法を考えなければなりません。

審査まで行ってローン申込機でカード受取り

銀行振込ではなくATMからキャッシングを利用したいという場合に問題になるのがカードをどのようにして即日受け取るかという問題です。

自宅等で申込んだ場合通常は郵送によってカードを受け取ることになりますが、郵送では即日利用することはできません。

このためカードを受け取るには申込みは自宅などで行ったとしても、受取りはローン申込機を利用するしかありません。

したがって、審査が終了し入会手続きが終わったところで最寄りのローン申込機に行ってカードを受け取る必要が有ります。

モビットのローン申込機はホームページから検索できるようになっており都市部では街中に設置されていますので、徒歩圏内に利用可能なローン申込機を見つけられるでしょう。

必要になる書類

モビットの申込みでも他のカードローンと同じように次のような必要書類が有ります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 営業状況確認のお願い

本人確認書類には次の書類が利用できます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書類には次の書類が利用できます。

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2か月分)
他のカードローンの場合には収入証明書が必要になるのは消費者金融の場合50万円以上の借り入れを希望する場合に必要になります。しかしモビットの場合にはそういった金額による決まりは無く、申込者全員が提出する必要が有ります。

営業状況確認のお願いは個人事業主の場合に必要になり、フォーマットはモビットのホームページからダウンロードすることが可能です。

即日キャッシングを利用しようという場合にはなるべく申込みの前に必要書類も用意しておくようにして下さい。

モビットで即日キャッシングを利用する!ローン申込機を使う場合

もう一つの即日キャッシングを利用できる可能性としてローン申込機を使う方法が有ります。モビットは窓口が有りませんから最も早くカードを受け取ることができるとすればこのローン申込機を利用する方法でしょう。

ローン申込機は契約からだけでも利用可能ですが、どうせローン申込機まで行くとすれば申込みの最初からローン申込機を利用したほうが、途中で場所を移す必要もないので、面倒もないでしょう。どのように利用するかは利用者次第です。

またローン申込機は21時まで稼働していますから、銀行振込では15時までと言う即日キャッシングのタイムリミットが有りますが、ATMなら24時間稼働していますので、この21時までは即日融資の可能性が有ることになります。

モビットは窓口が無い

モビットはローン申込機は至る所にありますが、店舗を持っていません。このため窓口というものが有りません。他の消費者金融の場合、とにかく早く利用したいのであれば、窓口に行って申込んでその場で融資を受けることができます。

しかしそれができない以上、モビットでは窓口の代わりにローン申込機を有効に利用することが重要になります。

ローン申込機と言うのは元々消費者金融の窓口に行くのが憚られるということで大手消費者金融のアコムが開発したものが最初で、そもそもが窓口の代わりとして利用されるためのものです。

現在では銀行でもカードローンを窓口では扱わず、ローン申込機だけで申し込みを受け付けている場合も有るので、モビットでも十分ローン申込機が窓口の代わりとして利用できます。

ローン申込機で申込みからカード受け取りまで行う

そこで即日キャッシングが必要な場合には、色々考えず申込みからカードの受取りまで行ってしまうことを考えてみましょう。

まずネットを利用して最寄りのローン申込機を探します。場所が分ったら申込みと契約に必要な書類を確認して準備します。それが揃ったらすぐにローン契約に行くことにしましょう。

申込みはローン申込機の画面の指示に従って行えば、簡単に行うことができます。審査はWebを利用した場合もローン申込機を利用した場合も特に違いはありませんので、最短でも30分程度は覚悟する必要が有ります。

審査が可決すればその場で入会手続きを行えば、すぐにカードが発行され、あとは最寄りの提携ATMに行ってキャッシュカードと同じように利用して即日キャッシングの利用ができます。

提携ATM
モビットには店舗が無いだけではなく、自前のATMも有りません。このためキャッシングの利用には提携ATMの利用が欠かせません。提携ATMには全国の銀行やコンビニ、ゆうちょ銀行等の利用が可能です。

しかし注意が必要なのはATMの利用手数料です。提携ATMの内三井住友銀行のATMは利用手数料が無料になりますが、他の金融機関のATMでは利用手数料が掛ります。

もちろん利用手数料など大したことは無いと考える人も多いですが、現在は金利が低くなっており、借り方によっては利息よりもATMの利用手数料のほうが高いと言ったおかしなことになってしまいます。

ですから提携ATMを利用する場合には利用手数料についてよく考えてなるべくかからないようにする工夫が必要です。

ローン申込機なら21時まで利用可能

ではローン申込機を利用したとして何時までなら即日キャッシングの利用が出来るのでしょうか。問題はローン申込機が何時まで利用出来るのかと言う点です。

モビットのローン申込機は21時まで稼働しています。ですから申込みに1時間掛ると仮定して逆算すれば20時程度までに申込みを始めれば21時までにはカードが発行され即日キャッシングが利用できる可能性が有ります。

もちろん審査時間は申込者によって違いますから、もっと時間がかかってしまう場合には21時までに間に合わず、カードの受取りが翌営業日以降にずれ込んでしまう可能性も無いとは言えませんから注意しなければなりません。

そういったことにならないように、即日キャッシングが必要な場合には、できるだけ早い時間に申込みを始めるようにしてください。

モビットはどのようなキャッシングなのか?内容を理解しておこう

モビットは借り易いということで最近人気が有りますが、人気だけでカードローンを申込んではいけません。しっかりどのようなカードローンなのかということを確認してから申し込みましょう。

まず確認しておきたいのは利用限度額と金利で、どのような条件で借入れできるのかを知っておく必要が有ります。また申込条件についても確認が必要です。申込みしようと思ったら申込みができなかったというのでは困ります。

もう一つ返済方法についても確認しておきましょう。返済を滞りなく行うためにはどのような返済方式で、月々どの程度の負担になるのかを調べて自分が返済して行けるのかどうかよく確認しておくことが必要です。

利用限度額と金利

モビットの利用限度額と金利は次のようになっています。

利用限度額 800万円
金利 3.0%~18.0%

それぞれの利用者に適用され利用限度額と金利は審査で決められることになり、必ずしも希望通りになるとは限りません。

モビットは消費者金融ですから、利用限度額には法的な制限も有ります。消費者金融は貸金業に分類されますから、貸金業法が適用されます。貸金業法には総量規制が有りますから、利用限度額は最大で年収の3分の1までです。

このため例えば、自分はモビットの利用限度額の上限である800万円の借入を利用したいと考えた場合、その前提として年収が800万円の3倍である2400万円以上なければならないことになるわけです。

年収2400万円と言うのはかなりの高額所得ですから、800万円の借り入れができる人と言うのはそうはいないでしょう。

また実際には利用限度額と金利はモビット側の評価する信用に影響されますから、特に最初の利用時は大きな年収が有ったとしても、それほど大きな利用限度額は与えられることは有りません。過大な期待は禁物です。

申込条件を満たしているか

また自分が申込みをするとして、モビットが設定している申込条件を満たしているかどうかの確認が必要です。モビットの申込条件は次のようになっています。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定収入が有る

この条件を満たしていれば派遣社員やパート、アルバイトの他自営業者でも申込みを行うことができます。ただし、専業主婦の場合には安定収入が有りませんからモビットの申込みはできません。

また年齢制限では他のカードローンやキャッシングローンが60歳あるいは65歳を上限としているのに対してモビットは69歳以下となっていて、高齢化社会に対応しようという姿勢が見えます。

できれば75歳ぐらいまで利用出来るようにしてもらえると今後多くの人が助かるのではないでしょうか。

専業主婦のキャッシングの利用
モビットのような消費者金融の場合法的に収入の無い専業主婦にはなかなか貸すことができません。法的には配偶者の収入枠の利用も可能ですが、それを認めている消費者金融はそれほど多くは有りません。

このため専業主婦が消費者金融から借りるのはなかなか難しい面が有ります。これは銀行でも同じですが、銀行には総量規制が適用されませんから、場合によっては配偶者の枠を問わずに申込可能な場合も有ります。

専業主婦でどうしてもキャッシングが利用したいという場合には、そういった銀行のカードローンを狙うのも一つの方法です。

ただし、専業主婦だからと言って返済が無くなるわけではないので、返済の見通しが無いような借入はしないようにしなければなりません。

返済方式を確認しておこう

もう一つ重要な項目としてモビットの返済方式について確認しておきましょう。モビットの返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式と呼ばれる方式になっています。

なんだか舌をかみそうな良く分らない方式ですが、要するに最終借入れの後の残高に応じて次の表にあるように返済額が決まる方式で、返済額は次のようになります。

最終借入後の残高 月々の返済額
10万円以下 4000円
10万円超20万円以下 8000円
20万円超30万円以下 11000円
30万円超40万円以下 11000円
40万円超50万円以下 13000円
50万円超60万円以下 16000円
60万円超70万円以下 18000円
70万円超80万円以下 21000円
80万円超90万円以下 24000円
90万円超100万円以下 26000円
100円以上 20万円増すごとに+4000円

年利18.0%、100万円以上は15.0%で計算

例えば最初の利用で30万円借り入れした場合、その後新たに借入れをするまでの月々の返済額は11000円ということになります。

どの程度まで月々返済できるかは利用者によって違いますから、自分の返済能力をよく見極めて借入額を調整しなければ、途中で返済に行き詰ってしまう可能性も有るため十分注意して利用してください。

ここでモビットの即日キャッシングについて纏めておきます。

  • モビットの申込方法にはWeb完結とカード申込の2種類が有る
  • 簡単に申し込めるのはWeb完結だがATMで利用する場合にはカード申込が必要
  • 銀行振込の利用が難しい時間にはローン申込機で申込みを行えば即日キャッシングが利用出来る可能性が有る
  • 申込みの前にモビットの利用限度額等の内容の確認をしておくことが重要

モビットの審査は甘いと言われますが、それが自分にも当てはまるかどうかの保証はありません。申込みの際には自分の返済能力や過去の金融取引に問題が無いかなどを確認しておきましょう。
【モビットの記事はこちらも参考にどうぞ!】
モビットならキャッシング初心者でも安心!知識ゼロでもわかる借入法