初めてキャッシングする人に伝えたい、カードローンの良さはコレ!

親から巣立って、社会人になると、お金の管理も自分でする事になりますよね。一時的にお金が必要になった時、いつまでも両親に頼る訳にもいきません。

そんな時に頼りになるのが、キャッシングです。初めてキャッシングをする人にとってみれば、安心して借りられるとこはどこなのか?など不安が尽きないと思います。

しかし昔と違い、近頃の消費者金融や銀行カードローンは、健全で、対応も早く、計画的にキャッシングすれば不安はありません。今回は、初めてキャッシングする人の為に、利用しやすく、安心感の高い大手企業を中心にカードローンをご紹介します。

キャッシングが初めての人は必見!消費者金融と銀行ローンの違い

おすすめのカードローンをご紹介する前に、初めてキャッシングする人が知っておくと良いことがあります。それは、消費者金融と銀行ローンの違いです。借入方法や手続きに大きな違いはありませんが、それぞれ管理される法律が違います。

細かく違いを知る必要はありませんが、安心して利用する為に、自分がキャッシングしているところがどのような会社であるかぐらいは知っておくべきでしょう。

消費者金融の特徴はココ!

消費者金融は貸金業者と呼ばれ、貸金業法という法律に基づいて、融資を行っています。


貸金業法の中に「総量規制」という借入の制限があり、「個人の総借入額は、年収の3分の1までを限度とし、その額を超える融資は受けられない」というものです。

この「総量規制」は、借り過ぎや貸し過ぎを抑制する為に、10年程前に施行されました。複数の会社でキャッシングを行っていた場合であっても、貸金業者は信用情報機関(※)を通して、借入れ総額を確認することができるので、年収の3分の1を超えて貸付することはありません。

信用情報機関とは、

個人の借入残高、返済状況等が、確認できる機関です。日本には、JICC、CIC、JBA(全国銀行個人情報センター)があり、消費者金融、カード会社、銀行は契約する前に、個人の信用情報を開示請求し、融資しても良い人であるかを判断する材料とします。

銀行ローンの特徴はコレ!

銀行は元々お金を取り扱う業務の為、貸金業者などの呼称はなく、銀行法に基づいて預貯金、融資等を行います。

先に触れた「総量規制」は貸金業法のきまりですので、銀行ローンには適用されません。つまり、年収3分の1を超えての融資は法律的には可能だと言えます。

しかし、信用情報機関を通じて、他社の借入額等は把握されており、実際には借入額が多い人には融資しない、もしくは、減額して融資する場合があります。

自分の目安として、どこから融資を受けた場合でも、総借入額の限度は年収3分の1として借入をコントロールするのが良策だと言えます。

初めて消費者金融でキャッシングをするならアコム!がおススメ

大手消費者金融のCMを思い起こすと、「初めての~」と聞いてパッと頭に浮かぶのが、アコムと言う人も多い事でしょう。そんな有名なアコムがどんな会社なのかご紹介しましょう。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループであり、株式上場している企業ですので、初めて利用しようと思う人からの期待度はバツグンです。

アコムが扱う商品は3つあり、その中でカードローン商品は2つあります。

  • カードローン(キャッシング専用アコムカード)
  • カードローン付クレジットカード(ACマスターカード)

目的に応じて、カードローンのみ、カードローン付きクレジットカードを選ぶ事ができます。カードローン付きクレジットカード(ACマスターカード)は、比較的新しい商品で、このカード一枚でキャッシングもショッピングもできる優れものです。

アコムは、マスターカードがプリンシパルメンバー(※)を与えた唯一の消費者金融になります。

マスターカードのプリンシパルメンバーとは、

業務の全てを行う権利をマスターカードから付与された団体(マスターカードの看板を挙げて営業する)の事を指し、日本でもいろんな銀行、クレジット会社などが付与されているが、消費者金融では、2014年にアコムが業界初のメンバーとなりました。

初めてでも、アコムなら店舗に行かずに契約完了できる!

アコムの申込み方法は、4つあります。

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口(むじんくんコーナー)
  • 郵送

自分のライフスタイルに合わせて、申し込みを選択できます。一番おススメするのは、インターネット申し込みですね。24時間申込み可能なので、忙しい人にはぴったりです。

窓口以外の申込み方法では、一度は必ず電話でのやり取りが発生します。(審査通過できない場合は、メール連絡で完了の場合もある様です。)

窓口などへ行く必要が無い代わりに、声を通しての確認があることは認識しておきましょう。

契約前に、収入証明書の提出がありますが、こちらはパソコンや、スマホから画像データを送信するか、FAXで送信すればよく、現物を送付する必要が無い点も、スピードキャッシングの一因となっています。

急にカードローンの申し込みを決めた場合でも、身分証明書(運転免許証)、源泉徴収を手元に持っていれば、即日融資が受けられる可能性があります。その様な場合は、身近に窓口があれば、他の方法より早く結果が出ると思います。

【アコムの記事はこちらも参考にどうぞ!】
アコムで即日キャッシングを利用する方法とは?方法と時間に注意!

初めての銀行ローンなら、新生銀行カードローン レイクがイチオシ!

銀行ローンでご紹介したいのが「レイク」です。「レイク」の名前を聞いて、消費者金融じゃなかったの?と思う人も多いかと思います。そう、昔は消費者金融として営業していましたが、6年ほど前に新生銀行のカードローン商品に変更になりました。

銀行ローンと聞くと、敷居が高く、手続きも消費者金融に比べて面倒なイメージがありませんか?「レイク」は消費者金融だった頃の利便性はそのままで、銀行ローンのキャッシングが受けられます。具体的には、

  • 店舗への来店不要で申込できる
  • 最短で当日申込みから融資まで可能
  • ATM手数料が無料
申込みから借入までが、すべて在宅で手続きできます。融資を急ぐ場合は、平日に限りますが、14時までに所定手続きが完了すれば、当日中に融資を受ける事ができます。

会員カードの発行は後日になりますが、当日中の融資については、自分の指定する銀行に手数料無料で振り込んでもらえるので、とても便利です。

その後はレイクATMやコンビニATMで利用でき、借入れも返済も、コンビニATMなら24時時間365日いつでもキャッシングできるのが魅力です。

自分の口座が開設されている銀行のカードローンも使いやすい!

一般的に銀行ローンでキャッシングする場合は、その銀行口座をもっているか、無ければ口座を作る事が条件となる場合がほとんどです。そして、即日融資はその銀行口座を持っている人に限ることも多いのです。

そんな中で、新生銀行のレイクなら、口座を作らなくても即日融資が可能と言うことで、他銀行と比較しても利用しやすい事がわかります。

自分が取引をしている銀行(口座をもっている銀行)でもカードローン商品を取り扱っているはずですから、カードローンを検討する場合は、調べてみると良いでしょう。元々取引のある銀行ですので、安心感がありますよね。

【レイクの記事はこちらも参考にどうぞ!】
レイクは即日キャッシングは可能?!早く借りたい人の為の情報

初めてでもルールを守ればキャッシングは味方になる!

これまでの紹介をご覧になって、消費者金融、銀行ローン、どちらのキャッシングに興味が湧きましたか?大手と中小と比較した場合、手続きの簡潔さは、大手の方が若干簡潔かもしれません。

キャッシングを上手に利用するコツがこれです!

  • 必要以上借入しないこと
  • 返済を確実に行う事

一番してはいけない事が、「うっかり返済を忘れること」です。カードローンの多くが、保証人などを必要としない契約です。今回ご紹介したレイクもアコムも、保証人は不要です。

保証人が不要と言うことは、身分証明書、収入証明書の書類提出だけで、あなたは信用された訳です。たった一度でも、返済を忘れる事は、その信用を裏切る事になり、大きなマイナスになりますから、くれぐれも返済日は忘れる事の無いようにしましょう。

ルールを守れば、プライベートも守られ、キャッシングはあなたの強い味方になります。

初めての人には、キャッシングにもサービスがある!

特に大手に多いサービスですが、新規利用者に限り、一部無金利サービスや、金券プレゼント、ポイントプレゼントなどを展開している企業があります。この様な、サービスは不定期で行われておりますが、大手では、頻繁に新しいサービス展開をしています。

カードローン会社を検討する際は、この様なサービスも参考に選ぶと、より自分にぴったりなカードローンを見つける事ができると思います。

【参考記事】
見逃せない!初めてのキャッシングが金利0でできちゃう消費者金融!