銀行で即日キャッシングしたいなら「口座開設不要」を選ぶべき理由

毎月しっかりお金のやりくりをしていても、急に大きな出費が発生して困ってしまうことありませんか?冠婚葬祭、旅行先での思わぬ出費、大切な人へのプレゼント、家族サービス、、、数え切れません。

「急いでお金を借りたいけど、銀行のカードローンって金利が低い代わりに手続が大変で今日中には間に合わないんじゃ?」とお考えではありませんか?

実は、銀行でも即日キャッシングできます。そして、その銀行選びで最も大切なポイントは「新たに普通預金口座を開設しない」ということなのです。

それはどういうことなのか?そしてどこの銀行でどのような条件がそろえば、口座開設不要で即日キャッシングができるのかをご紹介していきます。

そもそも口座開設を避ける理由とは?

銀行カードローンを契約するときに、銀行によっては普通預金口座の開設が必要な場合と、不要な場合があります。

そして、銀行の普通預金口座の開設は、思った以上に日数がかかってしまうんです。

なぜなら、ほとんどの銀行は最終的な本人確認を、「銀行側からの郵送物を本人がちゃんと受け取った」ということで確認しています。郵送物はキャッシュカードやその他の書類一式なので、開設した普通預金口座を使うためには郵送物の到着を待たなければいけないのも、当たり前といえば当たり前のことですね。

そのため即日キャッシングをしたいのなら、口座開設不要でなければいけないのです。

銀行口座を開設しないでキャッシングする、2つの方法


この記事で扱う、「口座開設」の意味は「新しくその銀行の普通預金口座を開設する」という意味で使用します。カードローン専用口座ではありません。また、今あなたが持っている銀行普通預金口座はすでに口座開設済なので、口座開設不要の銀行として扱います。また「振込取扱時間」は当日着金が可能な振込手続の時間帯です。基本的に平日0:00~15:00ですが、銀行によっては14:30まで、14:00までとさまざまなのでご注意ください

口座開設不要でキャッシングするためには、2つ方法があります。

1. 口座開設不要な銀行で契約し、ローン専用カードを発行する

2. 今あなたが持っている銀行のキャッシュカードを利用する。

 

口座開設不要な銀行で契約し、ローン専用カードを発行する

口座開設不要で即日キャッシングが可能な代表的な銀行をご紹介します。(銀行の営業時間内に申込・審査・契約まで完了できた場合)

銀行名 自動契約機 キャッシング方法
三菱東京UFJ銀行 平日9:00~19:00
土祝10:00~18:00
日10:00~17:00
提携ATM:
 24時間(店舗による)
即日振込:
 当行のみ平日14時まで
三井住友銀行 9:00~21:00
(店舗による)
提携ATM:
 24時間(店舗による)
即日振込:
 当行は24時間、
 他行は振込取扱時間まで
新生銀行カードローン
レイク
平日土8:45~24:00
日祝8:45~22:00
毎月第3日曜8:45~19:00
提携ATM:
 24時間(店舗による)
即日振込:
 振込取扱時間まで
楽天銀行 なし 提携ATM:
 24時間(店舗による)
即日振込:
 当行は平日18時まで、
 他行は振込取扱時間まで


近くに自動契約機があり外出できる場合は、そこで申込・契約・ローン専用カードの発行までしてしまえば、提携ATMですぐ利用できるようになります。(自動契約機、提携ATM取扱時間に注意)また、WEB申込の際にローン専用カードを郵送にし、銀行振込で即日キャッシングもできますが、時間に制約があり翌日振込になる可能性があるので、できれば楽天銀行以外は自動契約機に行ってしまったほうが確実です。

  • 三菱東京UFJ銀行は、振込でキャッシングする場合、振込先が三菱東京UFJ銀行しか選択できず、即日振込するには手続を平日14時までに行う必要があります。WEB申込・ローン専用カードは後日郵送にした場合は、時間帯にご注意ください。できれば自動契約機での契約をオススメします。
  •  

  • 三井住友銀行の普通預金口座をお持ちであれば、その口座へは24時間振込可能です(他行宛は時間に制約があります)そのため提携ATMに行く手間を省けます。口座をお持ちでなければ自動契約機での契約をオススメします。
  •  

  • 新生銀行カードローンレイクは、新生銀行の口座を開設済であったとしても、カードローン契約に関しては特にメリットはありません。自動契約機での契約をオススメしますが、実はWEB申込の場合、時間に制約のある振込でのキャッシングにはなりますが、カードレスにできるというメリットもあります。
  •  

  • 楽天銀行はそもそも自動契約機がないので、ローン専用カードは後日郵送となります。即日キャッシングが希望なら銀行振込にすれば良いのですが、残念ながら楽天銀行宛てであっても24時間対応していません。即日扱いで振込するためには申込時に振込先口座を登録し、それが楽天銀行であれば平日18時まで、他行であれば平日15時までに契約を完了する必要があるのでご注意ください。

 

今持っているキャッシュカードを利用する

必ず口座開設が必要な銀行であっても、その銀行の普通預金口座をすでにあなたが開設済であれば、手続上は「口座開設不要」ですよね。さらに今持っているキャッシュカードでそのままキャッシングできる場合がほとんどなので、これ以上カードでお財布が膨らみません。(銀行の営業時間内に申込・審査・契約まで完了できた場合)

銀行名 キャッシング方法
三井住友銀行 WEB申込であれば手元のキャッシュカードで即日可能
みずほ銀行 WEB申込であれば手元のキャッシュカードで即日可能
ソニー銀行 2016年1月までに発行のローン機能付きキャッシュ
カードであれば即日可能
ジャパンネット銀行 手元のキャッシュカードで即日可能
住信SBIネット銀行 手元のキャッシュカードで即日可能
セブン銀行 手元のキャッシュカードで即日可能
イオン銀行 手元のキャッシュカードで即日可能


上記が代表的な、キャッシュカードで即日キャッシングできる銀行です。いずれかの銀行口座をすでにお持ちであれば、契約後は手元のキャッシュカードですぐ利用可能です。また振込でのキャッシングは銀行によって条件がさまざまなのでご注意ください。

  • 三井住友銀行はもともと口座開設不要ですが、すでに口座を持っておりWEB申込であれば手元のキャッシュカードですぐに利用できます。なお、自動契約機で契約し別途ローン専用カードを発行しても問題はありません。振込でのキャッシングは三井住友銀行宛ては24時間利用可能、他行宛ては振込取扱時間内の手続が必要です。
  •  

  • みずほ銀行は口座開設が必須です。すでに口座をお持ちであれば、手元のキャッシュカードで即日キャッシングが可能になります。WEB上で振込でキャッシングもできますが、みずほ銀行宛て・他行宛て共に平日0:00~15:00以外はカードローン専用ページで操作ができなくなりますのでご注意ください。
  •  

  • ソニー銀行も口座開設が必須です。ただし、すでに口座をお持ちであっても、2016年1月以降に発行したキャッシュカードはカードローンの機能がなくなりデビットカードの機能に変わってしまったため、契約後は別のローン専用カードが届くまでは使えません。しかし初回振込サービスを利用すれば、ソニー銀行宛なら24時間、他行宛でも振込取扱時間までであれば即日扱いにできます。(2回目以降は他行宛ては利用不可、ソニー銀行宛てであれば24時間利用可能)
  •  

  • ジャパンネット銀行も口座開設が必須です。すでに口座をお持ちであれば、手元のキャッシュカードで即日キャッシングが可能になります。WEB上で振込でキャッシングする場合、ジャパンネット銀行宛てであれば24時間利用可能ですが、他行宛ては振込取扱時間までの受付で「初回のみ」しか利用できませんのでご注意ください。
  •  

  • 住信SBIネット銀行も口座開設が必須です。すでに口座をお持ちであれば、手元のキャッシュカードで即日キャッシングが可能になります。ただし、振込でのキャッシングは住信SBIネット銀行宛てのみ24時間利用可能ですが、他行宛ては利用できません。
  •  

  • セブン銀行も口座開設が必須です。すでに口座をお持ちであれば、手元のキャッシュカードで即日キャッシングが可能になります。ただし、振込でのキャッシングはセブン銀行宛てのみ24時間利用可能ですが、他行宛ては利用できません。
  •  

  • イオン銀行も口座開設不要です。すでに口座をお持ちであれば、手元のキャッシュカードで即日キャッシングが可能になりますが、イオン銀行ATMでなければ利用できません。後日届くローン専用カードであれば提携ATMでも利用可能となります。基本的にローン専用カードが届くまではキャッシングできないとのことですが、カードが届く前にローン専用口座が開設されれば、キャッシング可能になるとのことです。

 

予習しておけばさらに安心!申込の流れと注意点


申込前に、以下を公式ホームページか電話で事前に確認しておいたほうが確実です。特に時間帯が夕方以降となれば、翌営業日扱いになってしまう可能性が高くなってしまいます。キャッシングする時からさかのぼって、いつまでに申込をすればいいのか逆算して考えましょう。

では、申込の流れとともに注意点をご説明します。

1.申込

【自動契約機営業時間】
自動契約機で申込からカード発行までする場合、またはWEBか電話で申込をしてカード発行だけ自動契約機でする場合は、自動契約機の取扱時間に注意しましょう。店舗によって営業時間が異なる場合が多いので、事前に公式ホームページまたは電話で確認しておくことをオススメします。

【コールセンター営業時間】
電話で申込をする場合は、銀行のコールセンターの営業時間にも注意しましょう。また、正午・夕方はとても混み合う時間帯なので、電話が繋がるまで5~10分以上待つこともよくあります。

【申込に必要な情報】
申込に必要な情報は、「本人」「自宅」「勤務先」について聞かれることが一般的ですが、ご自分でもすぐに分からないものが、「勤務先」の情報です。会社名・所在地・電話番号・従業員数・入社年月など基本的な情報は事前に控えておきましょう。

 

2.審査

【審査結果の回答ができる時間】
せっかく自動契約機やコールセンターの営業時間に申込をしたのに、審査結果の回答できる時間を過ぎていたなんてこともあります。自動契約機がない銀行に比較的多いのでご注意ください。

【必要書類の有無】
必要書類がある場合は、自動契約機、アップロード、アプリ、FAXなどで提出する必要がありますが、すでに口座開設済の銀行を利用する場合は、本人確認書類が不要となる場合がほとんどです。また一般的に、キャッシング金額が300万円以下(銀行により異なる)であれば、収入証明書すら不要となるので、必要書類一切なしということも可能です。

 

3.契約

【カードの受取】
事前にWEBや電話で申込をして、いざローン専用カードを自動契約機に受け取りに行ったら取扱時間を過ぎていた、なんてことにならないよう注意しましょう。すでにその銀行の口座開設済の場合は手元のキャッシュカードを利用しましょう。

 

4.キャッシング

【提携ATM取扱時間】
契約後にキャッシングする際には、提携ATMの取扱時間も地域によってかなり異なりますのでご注意ください。ほとんどの銀行公式ホームページでは、ATM検索ができ営業時間を確認することができるようになっています。

【即日振込取扱時間】
提携ATMで直接キャッシングするのではなく、指定銀行口座に振込する場合は、即日振込ができる時間帯にご注意ください。基本的に振込取扱時間外になると翌営業日扱いとなります。ただし、その銀行の自分の口座宛てであれば24時間振込可能な場合があります。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ネット完結!郵送なし!在確なし!?バレないキャッシングはある?

即日キャッシングのための銀行選びのコツ

では最後に、銀行で即日キャッシングするための銀行選びのコツを、代表的な銀行の比較表とともにご紹介します。(限度額は銀行によって、専業主婦の場合やコース/プランによって変わることがあります。金利と遅延利率は2016年2月時点のものとなります。)

銀行名 金利 遅延利率 限度額 キャッシュ
カードで
借入
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6% 契約利率
と同一
~500万 ×
三井住友銀行 4.0%~14.5% 19.94% ~800万
みずほ銀行 3.5%~14.0% 19.9% ~1000万
新生銀行
カードローン
レイク
4.5%~18.0% 20% ~500万 ×
ソニー銀行 2.5%~13.8% 14.6% ~800万
ジャパンネット
銀行
2.5%~18.0% 20% ~200万
住信SBIネット
銀行
0.99%~14.79% 契約利率
と同一
~1000万
セブン銀行 15.0% 契約利率
と同一
10万
30万
50万
イオン銀行 3.8%~13.8% 19.8% ~800万
楽天銀行 1.9%~14.5% 19.9% ~800万 ×

まずはじめに、手持ちの銀行キャッシュカードをチェックしてみましょう。

オススメなのはセブン銀行口座をお持ちの方です。手持ちのキャッシュカードが利用できますし、何と言っても在籍確認がありませんので、契約までスムーズです。金利は固定で15.0%と平均よりは少し高めですが、遅延利率は契約利率と同じ15.0%です。限度額は低いのですが、10万円、30万円、50万円からご自分で選ぶことができます。(限度額によって金利は変わらない)

その他は、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行も手持ちのキャッシュカードで利用できるのでオススメです。複数口座をお持ちの場合は、金利やその他サービスと比較検討してください。

次に、上記の銀行口座をお持ちでなければ口座開設不要な、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行カードローンレイクで自動契約機からの申込をオススメします。自動契約機は比較的遅い時間まで受付していますので、お時間に余裕のない方には特にオススメです。こちらも金利やその他サービスと比較検討してください。

ただし、あくまでも新たに銀行口座を開設せずに、銀行カードローンで即日キャッシングするための方法ですので、明日以降でもよいという方は、上記の方法ではなくどうかご自由に銀行または消費者金融などから選んでください。また、即日キャッシングの手続上必要な条件や手順だけをご説明しましたので、審査結果によっては契約できない場合がありますのでご注意ください。くれぐれも借りすぎには注意しましょう。