ネット完結!郵送なし!在確なし!?バレないキャッシングはある?

「必要な時にお金を借りられてとっても便利!」とよく言われるキャッシング。実際に周りに使っている人がいる場合、その恩恵を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

使ってみたい!と思っても気になるのが「周りにバレてしまわないか?」というところ。気心の知れた友人であればバレても別にいいでしょうが、家族や職場にカードローン・キャッシングの利用がバレるのはちょっと…という方は多いと思います。

「バレないものがあるなら使ってみたい!」「もしバレてしまったら不安」という方のために、今回は「バレないキャッシング」について徹底特集!

様々なポイントから「バレにくい」キャッシング会社もご紹介します!

バレないキャッシングを選ぶためのポイントを知ろう!

キャッシングの利用がバレないようにするために大切なこと。それはなんといっても「バレる要素が少ないキャッシング商品」を選ぶことでしょう。

いくら金利が低くても、限度額が魅力的であっても、バレやすい商品であればそれは残念ながらわたしたちの理想にはそぐわないんです。

とはいえ、バレにくいキャッシングって一体どんな条件を満たせばいいの?とわからない方もいらっしゃると思います。

そこで!まず最初であるこのトピックでは「バレないキャッシングを選ぶためのポイント」をご紹介します。つまり、このポイントを守れている商品であれば比較的バレにくい(絶対バレないわけではありません!)と言えるわけですね。

1:契約書を郵送する必要がない商品を選ぶ

一つ目は、契約書を郵送しなくても大丈夫な商品であることです。

最近ではネット上で契約手続きを行うことが出来ますが、ローンカード(カードローン・キャッシングを利用するために必要なカードで、キャッシュカードのようなものです)はネット上で発行することが出来ないため、必ず郵送されます。

カードと共に契約書類も郵送されますので、契約手続き後数日の間には自宅又は勤務先(自分が希望した方に送られます。勤務先が指定できないケースもあります)に届くことでしょう。

自分が自宅にいる時に届けばいいですが、家族が受け取って「なんだろう?」と思って開けてしまう…。お子さんに開けられるケースは少ないかもしれませんが、奥さんに開けられるケースって意外と多いですよね…。

そこで契約書一式を見て「お金を借りてる!」とバレてしまうことは結構多いです。なので、契約書一式が自宅に届かないような商品を選ぶ必要があるんです!

2:郵送物が自宅などに届かない商品を選ぶ

二つ目は郵送物が自宅に届かない商品を選ぶことです。

1つ目の契約書類と一緒じゃないの?と思った方もいるでしょう。確かに郵便物のひとつなのでこちらに含まれるのは事実ですが、契約書類以外の郵送物があるかどうか、こちらもポイントなんです。

例えば振込キャッシングを利用したら利用明細が自宅に届くことがあります。契約書類までは隠し通すことが出来ても、毎月のようにどこからか利用明細が届く…というのは、それだけでバレる確率を跳ね上げていると言っても過言ではありません。

「申し込みの時にバレなかったぞ!」と安心してしまいがちなのですが、申し込みは1回で終わりますが利用は人にこそ差はあれずっと続いていくもの。

利用明細が自宅に届いてしまうことで家族バレすることも珍しくありません。特に気が抜けていたために…という後悔の話もよく聞きます。

とはいえ常に「利用明細が来るかもしれない」と気を張っているのはとっても疲れてしまいますよね。中にはそういった明細が自宅に届かないようにすることが出来る商品がありますので、上手に利用中の不安を減らしましょう。

3:在籍確認がない、代替出来る商品を選ぶ

最後は「在籍確認がない」商品です。

在籍確認について簡単に説明しますと、申込時に記入した勤務先が本当のものかどうか確認するために、勤務先の連絡先に担当者が電話をして申込者が在籍しているか確認する行為です。

個人名とはいえ職場に電話がかかってくるため、「職場の人にカードローンの利用がバレてしまうのでは…」と不安になる人も多く、出来ればしてほしくない!と思っている審査行為No.1と言えるでしょう(笑)。

在籍確認がないカードローン商品があれば絶対に使いたい!という方も多いと思いますが、お金を貸す会社側からしても「きちんと記入した勤務先に勤めているのか?」というのは非常に大事なポイントになります。

なぜならそれがウソだった場合、年収などもウソの情報を書いている可能性がぐっと高くなるからですね。

そのため在籍確認は何があっても絶対に行います!という会社は多いですが、中には条件を満たせば在籍確認が費用なキャッシング会社もあるんです!

その条件は決して簡単なものでないことも多いですが、会社に電話されるのは絶対に困るという方は在籍確認が不要で利用できるカードローン・キャッシングを選びましょう!

そんな条件を満たすような商品ってあるの?

ここまで「バレないキャッシングのポイント」をご紹介してきましたが、「こんなポイントを満たしたカードローンなんて本当にあるの?」とついつい疑いの目を持ってしまう方も多いと思います。

この3つのポイントを守れている商品があれば誰もが利用するのでは?そう思いますよね。

確かにこの3つを満たせているカードローンはかなり少ないです。…しかし、絶対にない!というわけでもありません。

次のトピックからは、一部(または全部)の条件を満たすカードローン商品をご紹介していきます!

「WEB完結」や「郵送物不要」にも対応の「プロミス」

最初にご紹介するのはCMなどでもおなじみの消費者金融「プロミス」です。

プロミスはカードを発行せず振込キャッシングのみでの利用とはなるものの、WEB上で手続きをすべて賄える「ネット完結」の利用が可能です。

また、在籍確認についてもナシ…というわけには行きませんが、その方法については相談に乗ってくれますので、他の会社に比べるとずっと「バレにくい」会社と言えるでしょう。

郵送物 在籍確認 ネット完結 限度額 金利
要相談 ~500万円 4.5%~17.8%

こちらがプロミスの基本的なデータです。金利・限度額は基本的な消費者金融のカードローンという印象ですが、ポイントサービスや無利息期間があるなど利用者に嬉しいサービスも整っていますよ。

バレないための申し込み・契約方法は?

プロミスで郵送物を極力減らす申し込み・契約のポイントは

  • 申し込みはネット又は自動契約機で行う
  • 契約はWEB完結、あるいは自動契約機でカード発行

以上の2つです。

一番簡単なのはネット上で申し込み、そのままカードを発行しない「WEB完結」タイプで契約することです。

しかしカードがないと不便!と思う方も多いでしょう。ただネット上でカード発行タイプで契約すると自宅に郵送物が送られてきてしまいます。

自宅に郵送物を送って来てほしくない!という方はプロミスの「自動契約機」にてカードを発行しましょう。自動契約機であれば申し込みからカード発行までも一度に行えますので、全てを行ってしまうのもアリですね。

在籍確認については応相談。代替方法を示してくれることも

なかなか融通がききにくい在籍確認ですが、プロミスの場合は申込後すぐにコールセンターに連絡することで在籍確認についての相談に乗ってもらえます。

もちろん「電話でしか在籍確認が行なえません」と言われることもあると思いますが、代替案方法を示してくれることもあるようです。

どうしても在籍確認をしてほしくない!という方はぜひとも相談してみましょう。しかし在籍確認がナシになる、ということはありませんので注意してくださいね。

利用する借入・返済方法によっては利用明細がくるので注意!

プロミスでは

  • 提携ATMを利用した時
  • 振込キャッシングを利用した時

この2点において利用明細が発行されます。つまり、自宅に利用明細が送られてきてしまうわけですね。

しかし会員サイトなどで利用明細を自宅に送られてこないようにする(ネット上で閲覧することが出来る)ように設定することが可能なので、そちらで設定すれば自宅に紙の利用明細書が届くことはありません。

ただし返済が遅れているなど、利用者側のせいでプロミスが郵送物を送らざるを得なくなった場合は問答無用で届きます。

プロミスに近い使い心地で初心者にもおすすめ「アコム」

続いてご紹介するのは「アコム」です。こちらもCMでおなじみのベテラン消費者金融ですね。

基本的なものは「プロミス」に近く、似たような使い心地と言えるかもしれません。

郵送物 在籍確認 ネット完結 限度額 金利
X ~800万円 3.0%~18.0%

ただ利用限度額はアコムの方が800万円と高く、契約した限度額によって適用される金利幅も明示されています。

無利息期間が利用できるなどサービスもプロミスに近い部分がありますが、利用したい額など好みによって選ぶのがよさそうですね。

無人契約機(むじんくん)で契約すれば郵送物なし!

アコムで郵送物が不要となる申し込み・契約方法は

  • インターネットで申し込み・ネットで契約
  • インターネットや電話で申し込み・店頭や無人契約機で契約
  • 無人契約機にて申し込み・契約

以上の3点となります。

インターネットで申し込みをし、その後インターネットで契約をすれば振込キャッシングがすぐに利用できるようになります。この際、希望すれば契約書類を郵送してもらえます…が、バレたくないのであれば希望する必要はありませんね。

この場合もネット完結となってしまうためカードが発行されません。カードは郵送または店頭・無人契約機にて発行のどちらかの方法で受け取れます。

そのためカードがほしい場合、インターネットで申し込んでも店頭か無人契約機で契約を行うか、ネット契約をした後別のタイミングでカードを発行しに行く必要があります。

また、プロミスと同じように最初から無人契約機ですべての手続きを終えることで契約書類の郵送をナシにすることも出来ます。

借入時などの利用明細は会員サイトで設定要!

振込でお金を借りた時や一部の提携ATMを利用した時など利用明細が発行されることがあります。

が、アコムの場合は会員サイトでログインをし、「書面の受取方法」というメニュー内で「利用明細の電磁交付」に承諾すれば利用明細書が送られてくることはありません。

電磁交付とは、紙の代わりにネット上やメールといった電子的な手段で提示出来るようにする、というものであり、会員サイトでの手続き以外に特別書類を用意するなどの手間はありません。

電磁交付に承諾した場合、アコムでは会員サイトにて利用明細が確認できるようになります。

残念ながら在籍確認はしっかりアリ!

残念なことではありますが、アコムではきっちりと電話にて在籍確認を行っているため、基本的にナシにするといったことは出来ません(これはどこの会社もそうですが)。

電話での在籍確認が行われますので、どうしても嫌という方はダメ元で相談するくらいしか手段としてはないと思われます。

相談するとはいっても「相談すれば代替方法で在籍確認を行えたり、在籍確認をパスすることが出来る」というわけではありません!言い方は悪いですが、特別融通がきくわけではないと考えておいたほうがいいでしょう。

「WEB完結」を利用すれば電話連絡も書類送付もなし!「モビット」

お次は「モビット」の紹介です。こちらもご存じの方が多い消費者金融ですね。アコムやプロミスに比べると少々歴史は浅いものの、商品内容は全く負けてはいません。

「モビット」の当時からの大きな特徴として挙げられているのが「すべてがWEB上で完結する」という「WEB完結」です。今でこそ他の会社もネット上ですべて完結出来るようになっているところが多いですが、モビットはそのさきがけといっても過言ではありません。

条件こそ厳しいですが、こちらの表をご覧になれば分かる通りすべての項目に「○」がついています!

郵送物 電話連絡 ネット完結 限度額 金利
~800万円 3.0%~18.0%

どのような条件が必要なのかなど、もう少しWEB完結の詳細についてご紹介していこうと思います。

「WEB完結」を利用するための条件はこちら。なかなか厳し目!?

モビットの「WEB完結」は手続きなどWEB上ですべて完結出来、かつ勤務先や申込者自身への電話連絡も一切ナシというすごい商品です。

しかしその分利用条件が「カード発行あり」のケースと大きく違っています。

  • 満年齢が20才~69才
  • 安定した収入があること

以上がモビットカードの基本的な利用条件となっているのですが、「WEB完結」を利用するにはさらに下記条件を満たしていないといけません。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を保有している
  • 全国健康保険協会発行の保険証または組合保険証を持っている

働いていれば保険証の問題はクリア出来ると思いますが、口座は人によっては保有していないケースもありますので要注意ですね。

さらに提出しなければならない書類も本人確認書類だけでなく、借りる金額にかかわらず収入を証明できる書類、そして勤務先がわかる書類と3種類(給与明細書であれば後ろ2つの書類をひとつにまとめてることも可能です)用意する必要があります。

ただ、この条件を満たし、かつ審査に可決すれば「郵送物一切なし!電話連絡もなし!かつWEB上で完結!」とバレたくない方からすれば崇めたくなるような商品であることは間違いありません。

きちんと会員サイトで「電磁交付」の手続きをすることは忘れないで!

…とはいったものの、全く郵送物がないのか!?…という質問には「ちょっとわからない」とお答えすることになります。

なぜなら、モビットを以下の方法で利用した際に利用明細書あるいは領収書が郵送されるケースがあるからです。

  • 銀行振込・口座引落・提携コンビニATMで返済した場合(領収書)
  • 提携ATM・振込キャッシングを利用した場合(利用明細)

せっかく郵送物がないからWEB完結にしたのに、利用明細が届いたら意味がない!ですよね。

もちろん回避方法がきちんとありますので、そちらをご紹介しましょう。

まず領収書についてですが、不要の場合は領収書の送付を停止することが出来ます。利用明細書も郵送(紙)ではなく、電子領収書で閲覧することが出来ます。つまりおなじみとなった「電磁交付」に対応しているわけですね。

変更方法はモビットの会員サイトである「Myモビ」にて手続きを行うだけでOKです。簡単なので利用する前にすぐ手続きを済ませておくことをオススメします!

「WEB完結」じゃない方法を利用した場合はどうなるの?

該当する銀行の預金口座を持っていないなど、WEB完結を利用せず「モビットカード」を発行する場合は郵送物などが来てしまうのか?と疑問を持つ方もいると思います。

結果から言いますと、「郵送物」及び「電話連絡」は両方あります。

アコムやプロミスの場合、自動契約機を利用すれば自宅への郵送物はパスできましたが、モビットの場合はローン申込機を利用しても自宅または勤務先に契約書類が送られて来ますので、郵送物を避けることは出来ません。

当たり前ですが勤務先への電話連絡もありますので、モビットで「WEB完結」を利用しない場合はきっぱりと利用しないほうが「バレない」という観点からみるとオススメと言えるでしょう。

こちらも三拍子そろった商品!「セブン銀行」

最後にご紹介しますのは、モビットの「WEB完結」と同様にすべての項目で○!三拍子そろった「セブン銀行」のカードローン商品、「ローンサービス」です。

今回ご紹介している商品の中で唯一「銀行系カードローン」であることも特徴と言えるでしょうか。

郵送物 在籍確認 ネット完結 限度額 金利
10・30・50万円 15.0%

利用限度額は最高でも50万円と他の商品に比べるとかなり少ないですが、金利はさすが銀行系というだけあって15.0%と安定していますね。

また、銀行系ですので消費者金融では借入が出来ない専業主婦の方でも利用できる点、こちらもかなり重要と言ってもよさそうです。

既に利用している人向け!キャッシングには口座が必須

そんなセブン銀行の「ローンサービス」ですが、利用条件には「セブン銀行の預金口座を保有(あるいは申し込みと同時に開設)」する必要があります。

なぜかと言いますと、ローンサービスはセブン銀行のキャッシュカードにカードローン機能を追加したもの、いわゆる「キャッシュカード一体型」のカードローン商品だからなんです。

ですので返済や借入に利用する口座も自動的にセブン銀行の口座となります。他の銀行がメインバンク、という方はある程度セブン銀行の口座にお金を移しておく必要があるでしょう。

口座を持たず即日融資を狙っている人は注意!

ちなみに既にセブン銀行の口座をお持ちの方の場合、ローンサービスに申し込めば最短10分で利用を開始することが出来ます。

しかし口座を同時開設する場合、口座の開設及びキャッシュカードが手元に届くまでに2週間ほどかかってしまいますので、即日融資を考えており、なおかつセブン銀行の口座を持っていない方は要注意。

加えて、ローンサービスの審査に否決してしまっても口座の開設は取り消せませんので、その点にも注意ですね。

口座を開設した際は手元に郵送物が届きますが、本人角煮in書類を見せないと受け取れない「本人限定郵便」で届くこともあり、それだけでローンサービスに申込んだかどうかはわかりません。

心配であれば口座を開設し、その後改めてローンサービスに申し込むことをおすすめします。

ネット銀行ならでは!?郵送物は一切なし!

セブン銀行は店舗を持たないネット上だけで運営されている「ネット銀行」です。そのため基本的な連絡はメールや会員サイトのお知らせを通じて行うようになっており、ローンサービスを利用しても郵送物が届くことは一切ありません!

借入方法はセブン銀行(のみ)のATMと、原則24時間365日いつでも好きなときに利用できるインターネットバンクを通じての借入となりますが、これらを利用しても明細などは会員サイトには記載されるものの、紙として届くことはありません。

かといって利用履歴をチェックできないわけではないので、非常に使いやすいカードローン商品と言えるでしょう。

原則在籍確認なし!?かなり気軽に申し込める

そして驚きと言ってもいいのが、ローンサービスを利用する際、原則として在籍確認が不要!ということでしょう。

カードローンと言えば在籍確認があるのが原則、と言ってもいいくらいのものですが、セブン銀行ではその逆で不要。決して悪いことをしているわけではありませんが、在籍確認はちょっと…と思っている方が多い中、これはうれしいですよね。

ただし、あくまで「原則」ですので、場合によっては在籍確認が行われることもある…ということは念のため頭の片隅にでも置いておきましょう。

申込方法はネットのみ。連絡もメールのみなので忙しい方にも

セブン銀行はモビットのローン申込機のような機械は設置されていません。申込方法はシンプルに…といいますか、さすがネット銀行といいますか、セブン銀行のホームページ(会員サイトを含む)からのみです。

審査結果もメールで届きますし、ネット上で契約すればすぐにローンサービスを利用できるようになりますので、忙しくてなかなか手続きが出来ないという方でも問題なし。

電話での本人連絡や在籍確認もないので、申し込んだら結果が出るまで放置!というなんとも有り難い形です。利用限度額は他の商品に比べると少ないのは事実ですが、ちょっと借りられればOK!という人には最適と言えるかもしれません。

意外とある「バレにくい」商品!自分にベストなものを

ここまで「バレにくい」商品であることの条件や、バレにくいであろう要素を持つキャッシング商品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「そんな商品は本当にあるの?」と最初は思っていた方も、「意外とあるもんなんだな」と驚かれたかもしれませんね。

そうなんです。一見ないようですが、実は意外と融通がきく商品って沢山あるんです。

もちろんモビットの「WEB完結」のように利用条件が厳しくなってしまったり、セブン銀行の「ローンサービス」のように絶対に口座がないと利用できない…という商品が多くなってしまうのは否めませんが、バレには変えられませんよね!

今回ご紹介しました「バレにくい」商品でも度合いや、商品そのもの(限度額や金利など)も違います。

「郵送物が家に来ても問題ないから、限度額が高いところがいいな」「絶対にバレたくないから、セブン銀行を利用しよう」など、自分の希望や状況に合わせてベストなものを選んでください。

使う前、そして使い始めても「いつバレるかわからない」という状況はかなりのストレスになってしまいます。できるだけストレスフリーな商品を選んで、快適なキャッシング生活を送りましょう。