派遣だけどキャッシングでお金を借りれる?申込前に知りたいポイント

今の日本には様々な雇用形態があります。正社員をはじめ派遣社員、契約社員、アルバイト、パート、嘱託社員、自営業…などなど。

その中でも数が多い雇用形態のひとつが派遣社員ですが、なんだかんだで正社員と違うので融通が利かない部分がありますよね。

特にキャッシング・カードローンの面では「自分でも利用できるのかな?」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、今はそんなことはなく、派遣社員の方でもキャッシングは使えます。しかし知っておきたいポイントがあるのも事実。

今回は派遣社員の方がお金を借りるために知っておきたいポイントを解説していきます。

派遣社員だけど、キャッシングやカードローンは利用できる?

もう既に答えは出ていますが、派遣社員でもキャッシングやカードローンの利用・申し込みについては基本的に問題ありません。

しかし全てのキャッシングについて可能というわけではありませんし、派遣社員といっても色々ですので必ず派遣社員であれば借りることが出来る…というわけでもありません。

少々ややこしいですが、そういった部分も含めてまずは「派遣社員でもキャッシング・カードローンは利用できるのか?」という根本的な部分から見ていきましょう。

自身に安定した収入があれば派遣社員でもOKなものが多い

基本的に、カードローン・キャッシングの利用条件に挙がるのは「安定して継続した収入」です。

なので派遣社員であってもきちんと働いていてお給料をもらっていれば申し込みをすることは可能というわけです(実際に借りられるかどうかは審査結果次第ではありますが)。

中には正社員の方が対象となるカードローンもあります。

限度額が多く設定されていたり(最低100万円以上など)、金利が低いので非常に魅力的ですが、派遣社員ですと残念ながら利用条件にそぐわないので当然ながら申し込むことは出来ません。

大手の消費者金融や銀行系のカードローン・キャッシングは安定した収入があればOKなので、毎月きちんとお給料をもらっているのであれば、問題なく審査を受けることが出来るでしょう。

派遣社員でも「その時だけ」のような収入の人はNG

しかし、派遣社員の中でも「普段は働いていないけど、手持ちがなくなってきたら1日だけ派遣にいって日銭を稼いでいる」といった感じの方や、「学生なので夏休みや冬休みだけ派遣で稼いでいる」という方は利用条件に合わない可能性があります。

なぜなら、そういった方の場合は「安定して継続して」収入を得ているとはいい難いからです。

前者の場合、お金に特別困っていないのであれば働かないということですので、収入が0円の月もあるわけです。となると年収も非常に不安定ですし、そもそも毎月働けばお金を借りなくてもいいって話になりますよね(これはまた別ですが…)。

後者も同様で、夏休みと冬休みという数ヶ月のみ収入がありそれ以外は0円ですから、「継続した収入」を得ていません。

カードローン・キャッシングの審査において、アルバイトやパートの方と自営業の方を比較して、年収が高くても審査の結果、前者よりも後者の方が利用限度額が少ないことがあります。

それはアルバイト・パートの方は毎月だいたい決まった額の収入を得ることが出来ますが、自営業の方は営業状況によって収入が毎月変動し、それに伴って年収も変動することがあるからです。

お金を貸す会社側からすれば、いくら年収が高くても年収が不安定であればあるほど「貸し控え」をします。

そのため、既に雇用形態で正社員と比べて不利である派遣社員の方が、さらに収入も不安定となると…お金を借りるのはかなり難しくなるであろうことは、想像に難くないと思います。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
アナタは分かっている?キャッシング利用出来ない理由あれこれ

注意!派遣社員に登録するだけで利用できるなんてことはない

時々「無職でもお金を借りる方法」として、「登録制の派遣会社に登録して派遣社員となり利用資格を得る」なんてものがあります。

もちろんですが、そのような働いた実績がない派遣社員ですといくら肩書が派遣社員となってもカードローンを利用できない可能性が高いです。

確かに申し込みをすることは出来るでしょう。ただし年収がどのくらいか判断出来るでしょうか?様々な日当の仕事がありますので計算すれば可能かもしれませんが、非常に面倒な話になります。

そして申し込みの際には「入社年月」を必ず記載しないといけません。派遣会社に登録してすぐなのであれば、年収を確認するために収入を証明する書類を提出してくれと言われる可能性がかなり高いでしょう。

仮に入社年月をごまかしてウソを書いたとしても、保険証であったり収入証明書類の提出を求められて対応出来るでしょうか?

そしてそこをクリアできたとしても、収入が実質ない状態でどうやって返済するつもりなのでしょうか。

やってやれないことはないかもしれませんが、その結末は決して明るいものではないでしょう。お金を借りることが出来ても最終的な目的は「完済する」ことですから、きちんと収入を得てから申し込みをするようにしましょう。

派遣社員が申し込みの際に気をつけたいポイント○つ

次のこちらのトピックでは、派遣社員の方がカードローン・キャッシングに申し込みする際に気をつけておきたいポイントをご紹介します。

派遣社員はアルバイト・パートや正社員と違い「派遣元」と「派遣先」の2つの勤務先があるようなものですから、申し込みの段階からもちょっとややこしかったりしますよね。

「これってどっちなんだろう?」と躓いてしまうこともあると思いますので、そのあたりをしっかりバックアップ出来ればと思います。

勤務先は「派遣元」「派遣先」どっちを記入するの?

一番最初に「どっち!?」と戸惑ってしまうポイントはやはり「勤務先の記入」に関してだと思います。

こちらは基本的に「派遣元」を記入すればOK。多くのカードローン・キャッシングでも「派遣元の記入を」と明記されています。

しかしながら極少数の商品で「派遣先を記入」「派遣元と派遣先両方記入(その場合はきちんと記入欄がわかれているので大丈夫だと思います)というケースがありますので絶対に派遣元でOK!というわけではありません。

自分が申し込もうとしているところがどっちかわからない、という場合は各社ホームページの「よくある質問」にて探してみるといいでしょう。

申し込みに関して躓きやすい部分に対しての回答が記載されており、その中に「派遣社員の場合勤務先の情報はどちらを記入すればいいですか?」といった旨の質問があるはずです。

在籍確認を受け付けていない派遣元の場合はどうすれば?

カードローン・キャッシングに申し込んだら必ず行われるのが「在籍確認」です。

在籍確認とはその名の通り在籍を確認することですが、カードローンにおいては「勤務先に在籍しているかを確認するための電話」のことを指します。

先程派遣社員の方は勤務先として「派遣元の会社」を記入するのが一般的と書きましたので、在籍確認の電話が行くのは派遣元の会社ということになります。

しかし派遣元の会社によっては在籍確認の電話を受け付けていないケースもあります。

それは登録された社員の数が多く、在籍確認の電話に対応できないためです。確かに数千人の登録社員を抱えているような大手派遣会社ですと、代表番号に電話がかかってきても在籍しているかどうかなんてわからない可能性は十分にありますよね。

それでは派遣会社によっては在籍確認が行えないため、カードローンの利用が出来ないの!?と不安になった方もいるでしょうが、対策方法はきちんとあります。

在籍確認に対応しない派遣会社のケースですと、在籍確認の代わりに「在籍証明書」を発行することが可能となっています。これは「この人はうちの会社に所属していますよ」という証明書ですね。

在籍証明書を電話の代わりに提出すれば在籍確認をパス出来ることになります…が、カードローン会社によっては「在籍確認は電話でないとダメ」であったり、「事前に相談してもらわないとダメ」ということがあります。

前者は仕方ありませんが、後者は当然とも言えます。申し込み前に「うちの派遣元では在籍確認に対応していないので在籍証明書を代わりに提出したいのですが受け付けていますか?」など一度問い合わせてみることをおすすめします。

その方法でOKであれば「申し込みをしたらコールセンターに電話をしてください」などの指示を貰えるはずですよ。

在籍証明書だけでなく、合わせて収入証明書類などの提出をお願いされる可能性もあります。

このあたりもカードローン会社によって違いますので、事前に相談しておくことで必要なものをスムーズに用意できますね。

希望する利用限度額はどれくらいが目安?

しっかりと「○○円借りたい!」と考えているならその額を希望額とすればいいと思いますが、「とりあえずある程度便利になったらいい」「確実に借りられるくらいの額にしたい」「自分ならどれくらい借りられるのか目安が知りたい」という方も多いでしょう。

ひとつの目安としては「年収の3分の1よりも下」です。

これは、消費者金融の場合「総量規制」という法律で、申込者の年収の3分の1を超える額を貸してはならないと定められているからです。

1社につきではなく、借入すべて合わせて(住宅ローンなどは除きます)なので、しっかりとした規制であることがわかりますね。

銀行などのカードローンはこの総量規制の対象外ですので、年収の3分の1を超えた額でも借りること自体は可能なのですが、やはり返済の負担が大きいということから大体3分の1程度までで抑えています。

派遣社員の方は正社員の方に比べてどうしても審査において評価が低めなので、ギリギリ年収の3分の1を狙うよりは4分の1くらいで控えめにしておくほうがいいでしょう。

もちろん多めに希望しても構いませんが、審査の結果限度額が減額される(希望は50万円だったけれど30万円でしか契約できないなど)こともよくある話です。

もうひとつの目安は「どれだけ自分が必要なのか」です。

「何かあった時のためにカードローンを契約しておこう」と考えている人であれば別ですが、そうでない場合は何かしらお金が必要な理由があってカードローンの利用を考えたはずです。

例えば「今度海外旅行にいくから、資金として5万円くらい借りておきたい」など明確な理由がある場合は、その必要な金額分のみを希望額として申し込むのも十分にアリです。

もちろん審査の結果5万円で希望したけれど10万円の枠で契約できるというケースもありますし、何より必要な分だけの限度額にすることでムダな借りすぎを防ぎます。

個人的には欲を出して多めの限度額にするよりは、本当に必要な額だけを借りる環境にするほうがトラブルや失敗がぐっと減りますのでオススメです。

【参考記事】
総量規制は何に適用されるの?即日キャッシングにも影響がでる?

審査に通らない・限度額が低い…理想のキャッシングを見つけるには?

派遣社員の方でも問題なくカードローン・キャッシングを利用できることは既におわかりいただいていると思います。

実際、すでにお金を借りることが出来た!という方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら「派遣社員でもお金を借りることが出来るはずなのに審査に通らない」とか、「お金を借りることは出来たけど、思ったよりも融資額が低くて…もう少し限度額がほしい」なんて悩みを抱えていたりしませんか?

満足できているのなら全く問題ありませんが、「もうちょっとお金を借りたい」「これからお金を借りたいけど、出来るだけ理想の限度額で借りたい!」と思っている方のために、審査に関してのアドバイスを出来ればと思います。

もちろん派遣社員の方に限らず、全ての方に通じる部分ですのでアルバイトやパート、正社員の方でもタメになる知識ですよ!

働き始めてからすぐだと、利用限度額が低くなる可能性が高い!

最初のトピックでも少し触れましたが、申し込みの際は必ずと言っていいほど「入社年月」を記入しなければなりません。

その際、働き始めてからの期間が浅いと、年収がある程度高くても利用限度額が低くなる可能性が高いです。

その理由は「安定度が低いから」です。自営業の方は毎月の収入が不安定な傾向にあるため、カードローン審査において立場が低いということも先程書きましたが、勤続年数が短い方も同様の判断を下されます。

なので記載した年収が同じであっても勤続年数が2ヶ月の人と1年の人では、後者の方が「安定している」と判断されるんです。

実際、後者の方は1年間働いているわけですから年収も確実なものですが、前者の方は8ヶ月分は「予想した月収を足したもの」でしかありません。この点も重要と言えるでしょう。

利用条件に「勤続年数○年以上」と記載されていない限りは働き始めてすぐでも申し込めますが、借りられる確率は低いですし、借りられても限度額が低い可能性は十分にあります。

最低でも3ヶ月以上、1年以上が基本と言われています。どうしてもお金を借りたいけど1年待ってられない!という方はその点を考慮した上で申し込みましょう。

同時に複数社に申し込むと審査に落ちやすくなる!?

「とりあえずカードローンを利用できるようになりたい」と考える方の中には、「どこでもいいから可決して~!」という気持ちで沢山の会社に一度に申し込んでしまう人がいます。

しかしそれは審査の上で逆効果!本来であれば可決するはずだったカードローンも否決されてしまう可能性がある…といったらどうしますか?

なんと、短期間に複数の会社に申し込みを行うことで「申し込みブラック」となり、いくら利用条件などを満たしていても敬遠される状態になってしまうんです。

「ブラック」とはカードローン周りでは「ブラックリストに載っている状態」を指します。各会社にブラックリストがあるかどうかなど細かい説明は省きますが、ブラックだとお金を借りることが出来ない状態、とだけ今は知っておいていただければOKです。

どうして申し込みを複数社に対してするだけでブラックという重いモノになってしまうのか…それは「信用情報」に秘密があります。

信用情報とは何かといいますと、その人のお金の借り方などの記録のようなものです。クレジットカードでいついくら使って、何回払いで支払ったか、カードローンを利用しているならいくらかりていて毎月いくら返済しているか…などなど。

こういった情報はカードローン会社などがその都度情報を登録し、常に最新のものになっています。

情報の管理は第三者機関である「個人信用情報機関」が行い、銀行や消費者金融はその機関に加入することで情報を閲覧したり登録することが可能になっているんです。

なぜこのように金融機関などが情報を登録し共有しているかというと、「お金を貸してはいけない人(いわゆるブラックなどリスクが高い人のことを指します)にお金を貸すのを避ける」ことが目的だからです。

こういったお金の使い方に関する情報と共に申し込みに関する情報も信用情報の一部として登録されているのですが、この申込件数が短期間に集中していると「よほどお金に困っている人なのでは」と思われてしまうんですね。

そのため本来では可決するはずでも実際は…なんてこともあります。申し込みの情報は最大で6ヶ月間残るため、一度申し込みブラックになってしまうと6ヶ月間不利な状況となってしまいますので、絶対に避けたいところです。

申込件数は1件のみが望ましいですが、それでも心配…という方は2件、上限は3件くらいで抑えておきましょう。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ブラックokに要注意!即日キャッシングを安全に申し込む方法を案内

心配なら「事前審査」を受けてみてチェックを!

「受かるかどうかわからないから沢山申し込みたくなる」という心配性な方には、「事前審査」をオススメします。

これは実際に申し込むわけではなく、簡単な情報を入力することでその場で審査結果を出してくれる簡易的なものです。なので事前審査では「お金を借りられる」という判断がなされても、実際の審査では落ちてしまう…ということもあります。

しかし事前審査でも「否決」であれば本審査に申し込んだとしても可決する可能性はありません(100%ない、とは言い切りませんが、ほぼないと言ってもいいでしょう)ので、「可決する可能性が低いところに申し込む」というリスクを回避できます。

銀行系カードローンでは事前審査が出来るところは少ないですが、消費者金融のカードローンであれば事前審査を行えるところもありますので、不安な方は事前審査で借りられるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

派遣社員の方にもおすすめ!気軽に申し込めるカードローン

最後のこちらのトピックでは、派遣社員の方でも安心して借りられるカードローンをごく一部ですがご紹介できたらと思います。

セレクトしている基準は

  • できるだけ縛り(口座など)が少ない
  • ネット上から申し込み・契約が出来る
  • 審査のスピードが早い

を満たすものとしました。

もちろん上記の条件にそぐわなくてももっと低金利の商品がいい!など個人によって理想とする条件があると思いますので、ピッタリと自分の理想に合致する会社はご自身で探していただければと思います。

1秒診断で不安も解消!?プレミアム商品もある「アイフル」

大手消費者金融のひとつである「アイフル」は、審査時間は原則30分、かつカードは本人受取郵便なので家族に受け取られることもない、非常に安全性が高い(!?)キャッシング会社です。

4つの項目を入力するだけでOKな「1秒診断」もホームページに設置されており、借りられるかどうか判断することが可能ですよ。

項目 内容
限度額/金利 500万円まで/4.5%~18.0%
利用条件 ・年齢が満20歳以上
・定期的な収入があり返済能力がある
・アイフルが設定した審査基準を満たす
※満70歳になった時点で新規借入を停止
備考など ・無利息期間(30日)あり
・無人契約機での契約・カード受取可

また、アイフルには「ファーストプレミアム・カードローン」という名前の通りプレミアムな商品もあります。

これは利用条件が上の商品(商品名は「キャッシングローン」といいます)に比べると厳しいのですが、その分金利がお得になっている商品です。

このような商品は利用条件に「正社員」が含まれているのですが、「ファーストプレミアム・カードローン」にはそのような記載がないので、派遣社員の方でも一定以上の収入があれば利用できるチャンスがあります!

項目 内容
限度額/金利 100万円~500万円まで/4.5%~9.5%
利用条件 ・年齢が満23歳~59歳
・アイフルを初めて利用する
・定期的な収入があり返済能力がある
・アイフルが設定した審査基準を満たす
※満70歳になった時点で新規借入を停止
備考など ・無利息期間(30日)あり
・年収300万円超の人が対象

限度額から判断すると300万円超の年収がないと利用することはできませんが、アイフルをまだ利用したことがない方であれば大変オトクな商品です!

【アイフルの記事は、こちらも参考にどうぞ!】
キャッシングするならアイフルで借りたい!アイフルで借りるメリット

「なんどでも無利息」が大きな魅力の「ノーローン」

最近では「30日間無利息」など、特に大手消費者金融では一定の期間無利息、つまり利息0円でお金を借りることが出来るサービスが行われていますが、「ノーローン」は無利息期間は「7日」と他よりは短いです。

しかし、完済すれば翌月以降の最初の借入時にまた7日間無利息になるという「何回でも無利息」が大きな特徴!

1回の借入額が少なく、完済→借入を繰り返すタイプの方には大変オトクなカードローン商品です!お試し診断もあるので事前チェックも可能ですよ。

項目 内容
限度額/金利 300万円まで/4.9%~18.0%
利用条件 ・安定した収入があること
備考など ・おためし診断あり

スマホですべての手続きが可能「じぶん銀行」

auと三菱東京UFJ銀行が作ったネット銀行「じぶん銀行」のカードローン「じぶんローン」は、ネット銀行なだけあってスマホひとつですべての手続きが行える手軽さが魅力です。

また、auユーザーであれば金利が0.1%~最大で0.5%まで優遇されますので、ご自身の携帯電話がauならぜひともチェックしておきたい商品です。

銀行ではありますが、カードローンの利用にじぶん銀行の口座を開設する必要がない点も魅力です(ただし、一部のサービスが受けられないなど制限もあります)。

項目 内容
限度額/金利 10万円~800万円まで/2.2%~17.5%
利用条件 ・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
・安定し継続した収入がある
・アコム(株)の保証を受けられる
備考など ・auユーザーなら優遇金利
・口座不要

大手銀行だから安心、三菱東京UFJ銀行「バンクイック」

日本の3大銀行のひとつ、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」もおすすめです。

こちらもじぶんローンと同様に三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても利用でき、かつ審査も最短で30分と早いので融資を出来るだけ早く受けたいという方にもオススメです。

項目 内容
限度額/金利 500万円まで/1.8%~14.6%
利用条件 ・年齢が満20歳以上65歳未満
・国内に居住している
・安定した収入がある
・アコム(株)の保証を受けられる
備考など ・口座不要

ATMの近くに設置されていることが多い「テレビ窓口」を使えば最短40分でカードをその場で発行してもらえます。金利も銀行カードローンらしく低めの設定なので、優等生な商品と言えるでしょう。

【参考記事】
どこで借りる?銀行系でも即日キャッシングに強い!

派遣社員でも十分な選択肢はある!ポイントを守って上手に使おう

昔は派遣社員だと立場が弱く、キャッシングなども満足に利用できない…なんてこともあったかもしれません。

しかし時代は変わり、今では派遣社員の方であっても十分に魅力的な商品を利用できるだけでなく、自分で好きなものを選べるまでになっています。

選択肢が増えた分「どこをポイントにすればいいかわからない」ということもあると思いますが、「自分がどう利用したいか」を想像し、その使い方に合いそうな商品を選ぶようにすると、「こんなはずじゃなかった!」を防げます。

注意すべきポイントを守りつつ、自分好みの商品を見つけてくださいね!