キャッシングの滞納!延滞し続けるとどのような問題が発生する?

キャッシング契約後、返済で延滞(滞納)してしまう人もいます。

ですが、何度もキャッシングの返済で延滞しない限り、基本的に厳しい取立、対応が取られるわけではありません。

なので、今回はキャッシングの延滞で、どのようなミスが目立つと問題が大きくなるのか、延滞し続けると、最終的にはどのような扱いを受けるのか、そのことに重点を置いて案内させていただきます。

延滞と滞納の違い!実はどちらも同じ意味で使われている?

キャッシングの返済に関するトラブルには、遅延、延滞、滞納というトラブルが存在します。

ですが、この3つのトラブルには小さな違いしかありません。なので、下の表に記載されているトラブルの内容を理解すると、3つのトラブルの小さな違いを正確に理解することができます。

また、近年では滞納という名称が、返済トラブルであまり用いられていません。

というのも、短い滞納が遅延、長い滞納が延滞に該当するからです。そのため、今では遅延、もしくは延滞という名称で、返済トラブルが分類される傾向にあります。

遅延 返済期日までに返済が確認できない
延滞 遅延が長続きしている
滞納 遅延、延滞と同じ意味で用いられる

遅延に罰則は存在する?遅延が問題になるケースは?

遅延は、返済期日までに返済が確認できないという問題なので、短期間のトラブルであれば罰則が発生しません。

今では、遅延に対して柔軟な対応を取っている金融機関が多いのです。

ただし、以下のような遅延が目立つようになると、罰則の代わりに、業者からの電話連絡が多くなるという問題が発生しやすいです。

  • 毎月で遅延している
  • 遅延後に連絡がない

毎月で遅延していると、遅延常習者という扱いになるので注意してください。1度、もしくは2度程度の遅延であれば問題ないのですが、中々遅延のトラブルが解決しない場合は、業者側から遅延に関する電話連絡が入るようになります。

また、遅延後に連絡がないという場合も、業者側から連絡が入るようになります。返済で遅延してしまいそうという場合は、先に業者にそのことを連絡して、返済対応の指示を受けたほうが良いでしょう。

延滞の注意点!延滞の対処ができないとどうなる?

延滞の注意点ですが、延滞が何度も確認できる場合は、契約そのものが怪しい状況になってしまいます。

もし、長期間で延滞のトラブルが発生している場合は、契約そのものが停止となるので注意してください。

具体的には、以下のような延滞が目立つ場合、契約そのものが停止になりやすいです。

  • 毎月で延滞が発生している
  • 延滞の期間が段々と長くなる

遅延と同じで、延滞も段々と延滞の期間が長くならないようであれば、業者のほうも厳しい対応を取りません。

ですが、いつまで経っても延滞のトラブルが無くならない、もしくは延滞の期間が最初は1ヶ月、次の延滞では2ヶ月というふうに長くなってしまうと、契約を継続することが難しいと判断されます。

延滞の取立!最初から厳しい取立が発生するわけではない

延滞の取立についてですが、銀行、消費者金融ともに厳しい取立を行っているわけではありません。

近年では、電話、メールを通じて返済の催促を行うケースが多いです。

  • 電話:返済状況の案内、相談を行ってくれる
  • メール:現在の返済状況を明確にした通知を送ってくれる

ただ、延滞が2ヶ月以上で返済の目処も立たないという場合は、契約の見直しを案内してくるケースが多くなります。

契約の見直しとは

返済期間を長くすることで、返済そのものが楽になる契約に切り替えるという意味です。

本来であれば、契約の見直しそのものは対応が難しいのですが、延滞が目立つ人に対して、金融機関が気を利かせて契約の見直しを案内するケースが存在します。

延滞で契約停止!キャッシング契約に悪影響を及ぼすこともある

延滞が目立つ人では、キャッシング契約が停止となりやすいのですが、信用に対しても悪影響を及ぼすことがあります。

信用というのは、キャッシング審査を行う際に確認される信用情報のことです。

信用情報は、以下のようなローンの利用、返済状況にある人では、良い評価が付かないようになっているので、そのことを理解した上でローンの利用を行ったほうが良いでしょう。

  • 返済でトラブルが目立つ
  • 契約でトラブルが目立つ

返済でトラブルが目立つというのは、遅延、延滞といった滞納に関するトラブルが多い状況のことです。

契約でトラブルが目立つというのは、短期間で複数の業者に対して契約を行っているなど、融資額が急に増えてしまっている状況のことです。将来的には、返済のトラブルにつながりやすいため、このような借り入れが目立つ場合も、信用情報の評価が下がります。

延滞でカード返却!どんな延滞を行っていると返却を求められる?

キャッシングの返済で延滞していると、最悪のケースではカード返却を求められることもあります。

例えば、延滞が複数の業者で確認できる場合は、返済計画が杜撰(ずさん)であると評価され、結果的にカード返却を求められるのです。

なので、複数の業者に対して上手く返済を行えないという場合は、業者で返済の相談を行ったほうが良いでしょう。その際に、おまとめローンといった、返済の遅延、延滞を防ぐ手段のアドバイスを受けられることもあります。

おまとめローンとは

複数のローン契約を、1つのローン契約にまとめることを、おまとめローンと言います。

このような簡単な対応を取るだけで、キャッシング契約の管理が楽になり、それにより、返済のトラブルを減らすことも可能になるのです。
【こちらの記事も参考にどうぞ!】
ブラックokに要注意!即日キャッシングを安全に申し込む方法を案内